戯道ノ二十一 表四十八手21 潰し駒掛け つぶしこまがけ

後背位

「潰し」ということは上から押さえつけるような体位なんですか?

駒掛け」って聞いたことないけど意味が分かれば体位が想像できるかも!

種付けプレスという名称を聞いたことがあればピンとくるかも!

体位について

潰し駒掛け(つぶしこまがけ)を解説した画像をご覧ください。

タチとウケのポイントについては詳しく解説をするので画像の<説明>は流し読みで十分です。

正面・右・左・後背面の4方向からの画像で体位を想像しながら読んでみましょう。

 

画像による解説

別名・・解説する体位の別の名称
体位種別・・基礎となる体位(正常位・後背位・騎乗位・測位・交差位・座位・伸長位・立位)
青色・・体位を行うのにポイントとなるタチの体勢
赤色・・体位を行うのにポイントとなるウケの体勢
難易度・・★:易しい ★★:体力を要する ★★★:双方に筋力や柔軟性が必要
画像は体位を固定して4方向から撮影したもの

 

由来・豆知識

由来はいくつかありますが、仔馬を潰すような技を掛けるというのが有力でしょう。

潰し駒掛け(つぶしこまがけ)」という言葉は、「潰し(つぶし)」という字と「駒掛け(こまがけ)」に分けることができます。

潰し」とは、力を加えて形を変えることをいいます。(下の画像でタマを想像しないようにしましょうw)

つまりこの体位はツブれているように魅(み)せることが重要といえます。

そして、「駒掛け」の「駒(こま)」とは昔の言葉で仔馬(こうま)若く元気な馬のことをいいます。

駒駆け」のほうだと馬が駆ける(速く走る)という意味でもとらえることができますね。

アッチの馬が大好きです!よく馬肉をしゃぶってます!w

そして二つの用語を合わせると馬が駆けようとする基本のカタチということになるでしょう。

本来は仔馬を女性としてなぞらえてますが、わたしたちがこの体位を行うときは本当の意味での仔馬となりそうですね(笑)

ちなみに「駒掛け」という専門用語があるのをご存じですか?

三味線の糸を支える部品のことを駒掛けといい、江戸時代では三味線を弾ける男は大層モテたそうです。(現代でもカッコイイですよね)

江戸時代の用語で考えると、三味線の重要な部品である駒掛けを壊すという意味で女性を三味線にたとえ、男性を奏者としたのが由来ともいえますね。(三味線はフリー画像を利用)

仔馬を潰すでも、駒掛けを壊すでも、どちらにしても激しくなってしまいそうな体位ですね。

四十八手の名称には「駒(こま)」や「獅子(しし)」といった動物に関する名称が使われることが多く、この駒も動物に関する用語です。

それではタチとウケのポイントを確認していきましょう。

 

体位のポイント

上記では体位を簡単に把握してもらうために1枚の紙にまとめた画像を紹介しました。

より詳しくタチ・ウケのおさえるポイントと流れを記述していきます。

 

タチのポイント

まずはウケをうつ伏せにさせて、腰を持ち上げて四つん這いにさせます。

このとき、上体は浮かないようにしましょう。

タチはウケの尻側に膝を立てて中腰になり、ウケの穴に竿を挿入します。

挿入したら、少し前に倒れて前のめりになりましょう。

撮影が目的であれば画像のように中腰の姿勢になってピストンすると、みんなが見入るような映像になります。

ちなみに、中腰と書いてますが四十八手ではヒザを床につけて掘ってる画像があり、かならずしも中腰になる必要はありません

激しく掘ってもウケは潰れた体勢のため安定しておりピストンの衝撃で動くことはありませんが、もろに穴に衝撃がいくためウケの熟練度によって感度が大きく変わるでしょう。

竿の硬度がこの体位では一番影響すると思われます。

この体位は穴の奥を自然と刺激することができ、激しく腰を振るのではなく、何度も一定のリズムで当てるのがポイントです!

じつは自分のTwitter(裏垢を見つけてね💛)で期間限定のツイート動画として「潰し駒掛け」を載せていました!(タチ役)

ロングバージョンや他の動画が気になる方はmyfansCandFansに載せています!

 

ウケのポイント

ウケはうつ伏せになり、上体は腹ばいになるように床につけたまま、ヒザを床につけて少し起き上がります。

腰を突き出すように上げて四つん這いの状態になりましょう。

この体位では上体を床につけるのでタチは乳首などもイジることはできず、腰を振ることに集中させることができます。

潰される感覚に興奮を覚えるウケが多く、慣れてくると両者とも自然とこの体位になって性交することが多くなります。

竿が硬いとゴリッと当たるため、快感で鳴いてしまうウケもいますね。

基本体位である後背位(出船後ろ取り)のようにも見えますがウケにとって、この体勢になることで挿入感が増しますので初心者には不向きといえます。

 

戯術展開

いきなり経験の少ない戯術を仕掛けるのは、ムードが大事なSEXにおいて無粋(ぶすい)ですよね。

やはり自然な流れのなかで抱きあい、包みあいたいところ・・

どちらかが初心者であれば体位の名称と簡単な説明をしてカタチになりましょう。

互いに上級者であれば基本体位から自然な流れを作るように察しながら戯(たわむ)れましょう。

体位種別は【後背位】で後ろに倒れて座位に転じるなどの展開が可能

潰し駒掛け の前に流れをつくる体位

出船後ろ取り(でふねうしろどり)

潰し駒掛け の後に変化させる体位

燕返し(つばめがえし)/引き綱手(ひきつなで)/跳蜂(はねばち)

 

動画の撮影について

AV制作や個人撮影している方も増えてきたので動画による撮影ポイントを解説しています。

写真であれば雰囲気も必要なので全体もありですが、動画で全体はさほど必要ありません。

 

頭側・前側

撮っておきましょう

頭側から撮影すると画像で見るように結合部は映りませんが、ウケが顔を上げたりすると表情が分かります。

またこの体位では顔を近づけることができるため、柔軟性が必要になりますがキスをすることができます。

また言葉責めなども映しやすいのではないでしょうか。

しかし、結合部が見えないのであくまで流れの一部としての撮影にとどめておきましょう。

 

上側・背中側

オススメしません

上側や背中側からの撮影は後背位のように見えてしまい、この体位のよさが伝わりにくいです。

結合部も見えにくいため、あくまで流れの一部としての撮影にとどめておきましょう。

 

横側

撮っておきましょう

横から撮影すると、潰されているようなカタチが分かりやすいですね。

しかし、ズームしないと結合部が見えにくいのとタチのヒザによっては隠れてしまいます。

言葉責めするようなときは頭側から撮影しましょう。

 

尻側・後側

必須シーンです

潰し駒掛けでは画像のように尻側のシーンは絶対ですね。

できれば基本の体位としてこのシーンは確実に押さえておきたいところ!

まずは尻から足まで全体が見えるようシーンを撮影していき、タチとウケの玉揺れが上手く収まるところまでゆっくりズームしていきましょう。

この体位のポイントは激しいピストンではなく、グチュグチュ音を立てながら体重で潰すように穴を攻めることです。

高速ピストンが必ずしも喜ばれるわけではありませんから、優しくする練習にもなりそうですね。

また、下にカメラを潜り込ませての撮影もできればなおよいですね!

潰されて喜ぶウケを撮ってくださいね♪

 

射精シーン

必須シーンです

外出し(腹・顔)

この体位ではウケはトコロテンでの射精以外は難しいためタチの射精がメインになります。

横からの撮影であれば、射精してウケの背中に勢いよくブッカケたり、尻穴に塗りたくるのもよいでしょう。

また、射精と同時に竿を抜いてウケの蟻の門渡り辺りに竿を密着させれば、精液がウケの玉や竿に沿って流れていき外出しでもエロい雰囲気を作ることができます。

 

中出し・再挿入

やはり種付けプレスの別名をもつ体位ですから、みんなが観たいシーンだと思います。

中出しの場合は結合部などが見えるようにドアップにして中出しをします。

中出し後はすぐに竿を抜かずに、一度アングルを少し離れて全体を映し結合部の上側よりも下側から撮影した方がエロく映ります。

下側から撮影することで、ウケの尻から種が漏れて垂れた精液が映るため作品のレベルがかなり上がります。

また両者の竿と、尻穴からの子種が映っているシーンであれば撮影技術はプロといえます!

さまざまなビデオメーカーや個人撮影を観てきましたが、バック中出し映像を満足に撮れている作品は少ないです。
中出しで撮影しているにも関わらず、頭側や背中側を映していたり、遠くから撮影しているため中出しの醍醐味を理解していない方も多くいます。
射精時の竿や金玉の躍動感が伝わらなければ無意味な撮影ですから、しっかりとズームにしたりベストポジションをとらえて撮影しましょう!

 

まとめ

性徒 と よも から体位についてのヒトコト、関連リンク集に厳選ゲイ動画、解説した体位が行われているオススメ動画を紹介します!

 

体位についてヒトコト

この体位はどちらかというとウケにメリットがありそう・・

エロくヤるならタチは中腰になる必要がありそうですね!

性徒の感想にもあるように、種付けプレスという名称があるくらいなので、中腰になって体重で潰すイメージが強いですよね!

動画もヒザをついてプレスというのは聞かないですね。

しかし、この体位はあくまでウケが潰れるのがメインですからヒザを床につけても充分掘れるのであれば、気にする必要はありません。

 

ちなみにわたしは足をかなり前に出し、前のめりでゴリゴリと攻める「跳蜂(はねばち)」というのを考案して喜んでいただいてますw

日本・海外ともにバックの潰し駒掛け(つぶしこまがけ)のシーンは多く撮影されていますね。

特に海外はバックでの射精も含めてシーンが多いです。

 

関連リンク

さらに他の戯道について詳しく知りたい方はX(旧Twitter)
戯道館(ぎどうかん)~雄♂同士の四十八手教室~/戯道場

厳選ゲイビデオ紹介リンク

「戯道場」で記事として紹介している厳選作品のリンクを貼っています。
※アフィリエイトとなっておりリンク先で購入して頂くとよもがニコニコしますw

戯道のすゝめ

戯道館で学んだことをさらに映像で視聴できるよう、戯術が実践された動画を紹介しています。(下の画像にリンクあり)
戯道場にある「戯道の動画集」(固定ページ)で各戯術が実践されている作品を確認して見ましょう。
見かけない戯術は「よも」が実践した動画をそのまま貼り付けています!
選定中の戯術もございますのでオススメが見つかるまでお待ちください!

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました