戯道ノ二十 表四十八手20 出船後ろ取り でふねうしろどり

後背位

前に入船とかついた名称の体位があった気がするけど、出船ってことは逆の意味がありそうだよね。

船の後ろを取るんだからなんとなくバックに近い体位を想像しちゃうな~

いわゆる基本体位のひとつ、後背位(バック)のこと!

体位について

出船後ろ取り(でふねうしろどり)を解説した画像をご覧ください。

タチとウケのポイントについては詳しく解説をするので画像の<説明>は流し読みで十分です。

正面・右・左・後背面の4方向からの画像で体位を想像しながら読んでみましょう。

 

画像による解説

別名・・解説する体位の別の名称
体位種別・・基礎となる体位(正常位・後背位・騎乗位・測位・交差位・座位・伸長位・立位)
青色・・体位を行うのにポイントとなるタチの体勢
赤色・・体位を行うのにポイントとなるウケの体勢
難易度・・★:易しい ★★:体力を要する ★★★:双方に筋力や柔軟性が必要
画像は体位を固定して4方向から撮影したもの

 

由来・豆知識

由来は海外交流の盛んだった港から出る船を女性になぞらえたことから名付けられたそうです。

出船後ろ取り(でふねうしろどり)」という言葉は、「出船」という字と「後ろ取り」に分けることができます。

「出船」とは「でふね」「しゅっせん」とも読み、いわゆる「船が港を出る」というように船が出発するときのことをいいます。

逆に「入船」は「いりふね」「にゅうせん」とも読み、「船が港に入る」ときなどに遣う言葉ですね。

正常位の体位で「入船本手(いりふねほんて)」がありましたね!覚えてましたか?

ちなみに入船・出船には他でも遣う専門用語なのをご存じですか?

じつは玄関で靴をそろえるときに遣う言葉でもありました!

入船は玄関から入室してそのまま部屋に向かうカタチでの靴のそろえ方で

出船は玄関の外に向かって靴を揃えて並べるカタチのことです。

普段のマナーとして出船は覚えておきたいところですね!(下の画像は香取神社の公式ブログ

おそらく帰ってしまうときに寂しくて後ろから抱いてしまう・・なんてこともあったのでしょうね。

 

そして、「後ろ取り」とは後背位のことであり「捏ね取り(こねどり)」ともいいます。

捏ね取りは餅つきのときに、臼 (うす) のかたわらで餅をこね返すという意味もあります。

お尻を餅にたとえて、こねくり回すという意味もありそうですね。

 

別名に後背位・バックなどの呼び名があります。

じつは鵯越え(ひよどりごえ)という別名でも呼ばれることがあります。
しかし、違う体位の形(69の形)でこの名称がありますから、バックでの名称としての使用は控えた方が無難でしょう・・

四十八手の名称には「筏(いかだ)」や「」といった水上に関する名称が使われることが多く、この出船も水上に関する用語です。

それではタチとウケのポイントを確認していきましょう。

 

体位のポイント

上記では体位を簡単に把握してもらうために1枚の紙にまとめた画像を紹介しました。

より詳しくタチ・ウケのおさえるポイントと流れを記述していきます。

 

タチのポイント

まずはウケをうつ伏せにさせて腰を持ち上げて四つん這いにさせます。

タチはウケの尻側に膝を立てて腰を落とし、ウケの穴に竿を挿入します。

基本体位の一つであり、ウケからはタチの様子が見えにくいので、いきなり挿入したり激しいピストンをしないように注意しましょう。

まずはウケの背中に抱きつき、乳首を責めたりして安心させるのもよいですね。

また優しく突きながら尻をこねくり回すようにイジって楽しむのもありです♪

激しく掘るさいはピストンの衝撃でウケが前に倒れないようにウケの腰を手でおさえましょう。

この体位は腰を掴んで安定させることができるのでピストンがしやすいです!

じつは自分のTwitterの始めのツイート動画に「高速ピストン」を載せています!(タチ役ですw)

ロングバージョンや他の動画が気になる方はmyfansCandFansに載せています!

 

ウケのポイント

ウケはうつ伏せになり、ヒジとヒザを床につけて少し起き上がります。

腰を突き出すように上げて四つん這いの状態になりましょう。

タチの竿が挿入されたあと、ピストンによる衝撃で体が動かないよう、タチに腰をおさえてもらいましょう。

この体位では上体を寝かせるのではなく、ヒジを立てて少し起こしておくことでタチは背中や乳首に触れることができます。

同じ基本体位である正常位を苦手とするウケは聞きませんが、バックのカタチになるのが苦手なウケは意外と多くいます。

よも
よも

もし、苦手なら信頼できるタチにバックでの掘りをお願いして慣れておくことは大事でしょう。

四十八手の中では基本体位であり、派生する体位もたくさんあるため、他の体位が経験できなくなってしまいます・・

人によってはバックが好きになってハマってしまう人も少なくありません。

他の体位を楽しむためにも、ぜひ慣れておきたいところです。

 

戯術展開

いきなり経験の少ない戯術を仕掛けるのは、ムードが大事なSEXにおいて無粋(ぶすい)ですよね。

やはり自然な流れのなかで抱きあい、包みあいたいところ・・

どちらかが初心者であれば体位の名称と簡単な説明をしてカタチになりましょう。

互いに上級者であれば基本体位から自然な流れを作るように察しながら戯(たわむ)れましょう。

体位種別は【後背位】で基本体位であるため後背位系統の展開や派生ができる

出船後ろ取り のに流れをつくる体位

本駒掛け(ほんこまがけ)

出船後ろ取り のに変化させる体位

潰し駒掛け(つぶしこまがけ)月見茶臼(つきみちゃうす)/押し車(おしぐるま)

 

動画の撮影について

AV制作や個人撮影している方も増えてきたので動画による撮影ポイントを解説しています。

写真であれば雰囲気も必要なので全体もありですが、動画で全体はさほど必要ありません。

 

頭側・前側

撮っておきましょう

頭側から撮影すると画像で見るように結合部は映りませんが、ウケが顔を上げたりすると表情が分かります。

しかし、結合部が見えないのであくまで流れの一部としての撮影にとどめておきましょう。

 

上側・背中側

撮っておきましょう

上側や背中側からの撮影は結合部が見えませんが、タチの背中の汗やピストンの動きが分かりやすいです。

しかし、結合部が見えないのであくまで流れの一部としての撮影にとどめておきましょう。

 

横側

撮っておきましょう

横から撮影すると、この体位のカタチが分かりやすいですね。

結合部をズームにして竿のピストンの動きや、タチのウケに対する所作が分かりますね。

タチはウケの竿をシゴいたり乳首をイジったりして、手が結合部を隠さないように手の添え方に注意しましょう!

 

尻側・後側

必須シーンです

後背位といえば画像のように尻側のシーンは絶対ですね。

基本体位の一つであるこのシーンが上手く撮影できていないと撮影センスは厳しいと思われるのでポイントを必ず押さえましょう!

まずは尻から足まで全体が見えるようシーンを撮影していき、タチとウケの玉揺れが上手く収まるところまでゆっくりズームしていきましょう。

中にはズームする前にモデルが早めに体位を変えてしまうことがあるので長めに掘るよう打合せしておきましょう。

すぐに体位を変えたりズームで結合部を撮れないような作品が、他の体位でポイントをおさえて撮影できているわけがありません!

また、下にカメラを潜り込ませての撮影もできればなおよいですね!

ぜひバックの気持ちよさが伝わるような動画を撮ってくださいね(切実w)

 

射精シーン

必須シーンです

外出し(腹・顔)

この体位ではウケの射精が可能なため、先にウケを扱いてイかせて、その後にタチが射精してもよいでしょう。

射精についてはウケの背中に勢いよくブッカケたり、尻穴に塗りたくるのもよいでしょう。

口内射精するには距離があるため素早くないと、体位でイくというよりシゴいて射精した感じが強くなってしまうので注意が必要です!

 

中出し・再挿入

中出しの場合は結合部などが見えるようにドアップにして中出しをします。

中出し後はすぐに竿を抜かずに、一度アングルを少し離れて全体を映し結合部の上側よりも下側から撮影した方がエロく映ります。

下側から撮影することで、ウケの尻から種が漏れて垂れた精液が映るため作品のレベルがかなり上がります。

また両者の竿と、尻穴からの子種が映っているシーンであれば撮影技術はプロといえます!

さまざまなビデオメーカーや個人撮影を観てきましたが、バック中出し映像を満足に撮れている作品は少ないです。
中出しで撮影しているにも関わらず、頭側や背中側を映していたり、遠くから撮影しているため中出しの醍醐味を理解していない方も多くいます。
射精時の竿や金玉の躍動感が伝わらなければ無意味な撮影ですから、しっかりとズームにしたりベストポジションをとらえて撮影しましょう!

 

まとめ

性徒 と よも から体位についてのヒトコト、関連リンク集に厳選ゲイ動画、解説した体位が行われているオススメ動画を紹介します!

 

体位についてヒトコト

そういえば他の動物は正常位じゃなくて、基本は後背位でのセックスをしてるよね!

人間も本来は後背位がメインの野性的なセックスをしてたのかな・・

よくよく考えると屋外での正常位は汚れてしまうため、野外活動では立ちバック(後櫓)をするのが一般的のような気がしますね!

野外が好きならバックでの行為はやはり習得しておくのがよいでしょう。

ちなみに海外では後背位は正常位よりも好まれており、外国人とのセックス機会がある方は後背位や騎乗位を優先してあげると喜ばれるかもしれませんね!

日本・海外ともにバックの出船後ろ取り(でふねうしろどり)のシーンはほぼ必ず撮影されていますね。

特に海外はバックでの射精も含めてシーンが多いです。

 

関連リンク

さらに他の戯道について詳しく知りたい方はX(旧Twitter)
戯道館(ぎどうかん)~雄♂同士の四十八手教室~/戯道場

厳選ゲイビデオ紹介リンク

「戯道場」で記事として紹介している厳選作品のリンクを貼っています。
※アフィリエイトとなっておりリンク先で購入して頂くとよもがニコニコしますw

戯道のすゝめ

戯道館で学んだことをさらに映像で視聴できるよう、戯術が実践された動画を紹介しています。(下の画像にリンクあり)
戯道場にある「戯道の動画集」(固定ページ)で各戯術が実践されている作品を確認して見ましょう。
見かけない戯術は「よも」が実践した動画をそのまま貼り付けています!
選定中の戯術もございますのでオススメが見つかるまでお待ちください!

コメント

Verified by MonsterInsights