性交

前戯

戯道ノ六十二 裏四十八手14 鵯越え ひよどりごえ

鳥の名称がつく体位は前戯が多い気がしますが、今回も前戯ですか? ひよどりを越えるって飛び立つような前戯をいっているんですかね。 前戯のなかで高難度! 体位について 鵯越え(ひよどりごえ)を解説した画像をご覧ください。 タチとウケのポイントに...
騎乗位

戯道ノ六十一 裏四十八手13 流鏑馬 やぶさめ

流鏑馬(やぶさめ)といえば馬に乗る競技なのは知っています。 なんとなく騎乗位系の体位なのは想像つきますね。 馬になる方は四つん這いですか?それとも仰向けになるかでカタチがちがいますよね。 タオルなどを使って敷いたり縛ったり以外の使い方を! ...
座位

戯道ノ六十 裏四十八手12 下り藤 くだりふじ

今度はフジという花の名前がでてきましたか。 下りというワードと藤の花の形からするとなんとなくカタチが想像しやすいですね。 腕力で男らしさを強調しましょう! 体位について 下り藤(くだりふじ)を解説した画像をご覧ください。 タチとウケのポイン...
前戯

戯道ノ五十九 裏四十八手11 花菖蒲 はなあやめ

こんどは花単体としての用語がでてきましたね。 前に習った「菊」や「椿」「牡丹」といった名称はありましたが前後に別の単語が付いていたのに、今回は花そのものの名称なんですね。 たまにはウケを責める前戯もしましょう! 体位について 花菖蒲(はなあ...
立位

戯道ノ五十八 裏四十八手10 押し車 おしぐるま

押し車と聞けば「手押し車」を想像しますね。たぶんなにかで見かけたことはあったかも。 体位も想像できますが、どっちも大変そうなのでヤろうとは思わないですね・・ 両者とも腕の筋力が必須な難易度の高い体位 体位について 押し車(おしぐるま)を解説...
後背位

戯道ノ五十七 裏四十八手9 坐禪転がし ざぜんころがし

坐禅になるような体位はいままでなかったですね! 転がすということはコロコロと動き回ったりするんですか? ウケの柔軟性が必須の高難易度な体位 体位について 坐禪転がし(ざぜんころがし)を解説した画像をご覧ください。 タチとウケのポイントについ...
測位

戯道ノ五十六 裏四十八手8 裾野 すその

裾野って地名のことですか?・・緩やかな斜面という意味?・・ 単語の意味が分かっても体位の想像ができません(´;ω;`) 測位のなかでも難易度の高い体位 体位について 裾野(すその)を解説した画像をご覧ください。 タチとウケのポイントについて...
測位

戯道ノ五十五 裏四十八手7 交喙取り いすかどり

「いすか」と聞いて思い浮かぶのは「ナスカの地上絵」くらいだけど、さすがに外国にある絵とは無関係だろうし・・ あとはくだらないダジャレとか・・まぁ言わないですけどw 下半身の柔らかさに自信があれば 体位について 交喙取り(いすかどり)を解説し...
座位

戯道ノ五十四 裏四十八手6 鳴門後ろ取り なるとうしろどり

後ろ取りは「後ろから」と予想できるから後背位っぽいけど、渦巻くナルトはどんな69みたいなことですかね・・ 何で先生は説明に悩んでいるんですか?w 表現する難易度が高めの座位 体位について 鳴門後ろ取り(なるとうしろどり)を解説した画像をご覧...
座位

戯道ノ五十三 裏四十八手5 地蔵抱き じぞうだき

地蔵ってあのたまに道端で見かけるお地蔵様のことですよね。 動かないとか手を合わせるとか地蔵っぽさがある体位なんですか? 四十八手はイメージしにくい名称が多くて覚えるのが大変です・・ 寝具以外でもSEXを楽しみましょう 体位について 地蔵抱き...
座位

戯道ノ五十二 裏四十八手4 達磨返し だるまがえし

ダルマといえば手足がなくて安定するのに揺れていたり、片目に黒目を塗って祈願したりといろんな形で使われてますよね。 体位のイメージとしては手足を縛って動けなくしたり、安定させるのが難しいような体位を想像します。 ある程度の体幹がないと不安定に...
正常位

戯道ノ五十一 裏四十八手3 釣瓶落し つるべおとし

釣瓶(つるべ)という単語は何を指すんでしょうか? 釣瓶というのを落とすような体位ということだと思いますが、他の体位にも使われていない単語なので想像ができませんね。 高さのある敷物をウケの腰に敷いたら挑戦! 体位について 釣瓶落し(つるべおと...
正常位

戯道ノ五十 裏四十八手2 浮島本手 うきしまほんて

浮島というのは普段きかない単語ですが「島が浮いているように見える」ことでしょう。 さらに本手なので浮いているような正常位というように思いますが、浮かせるとなると子連れのサルのような体位になりそうな予感が・・ 体験したことがないような難易度の...
正常位

戯道ノ四十九 裏四十八手1 俵抱き本手 たわらだきほんて

今日から「裏」の授業ですね。裏は「20手」ときいたので表の48手より覚えるのは難しくなさそうです! 「俵を抱えるような本手」というのはなんとなくイメージはできますが、表現で「俵」を使うくらい重く感じる体位なんですか? タチは覚えておくとウケ...
戯道

戯道 【表】四十八手を体位種別ごとに分類した戯術大全

よも 表四十八手の48種類すべてを記事として掲載しましたが、気になる体位や疑問点などは解決したでしょうか? 48手は相撲の決まり手をなぞらえて洒落ただけですから実際にはまだたくさんの決まり手があり、ぜひ技を駆使くしして夜のスポーツも盛り上げ...
立位

戯道ノ四十八 表四十八手48 櫓立ち やぐらだち

いよいよ「表四十八手」最後まできましたね! 「櫓」も「立」も以前に習ってますから立位なのは想像できます。 後ろ向きや片足立ちがあったので、残るは「駅弁」ではないでしょうか!! タチの勇姿を感じさせるチャンスです! 体位について 櫓立ち(やぐ...
立位

戯道ノ四十七 表四十八手47 立鼎 たちかなえ

「立」は立った姿というのはわかりますが「鼎」ってなんですか? 「県(けん)」に似ているけど地名の意味がありそうですね! 大地を揺るがすような立ち方!という体位ではないでしょうか・・ この体位ができるのであれば誰しもが巨根と認めざる負えません...
前戯

戯道ノ四十六 表四十八手46 二つ巴 ふたつどもえ

巴(ともえ)という単語を聞いたことがないですが、この巴が二つあるということですね。 二つはタチウケ両者のことを指していると思いますが巴のカタチが想像できないです・・ 前戯が続いているのでこれも前戯っぽいですね。 とあるうずまく形を表した前戯...
前戯

戯道ノ四十五 表四十八手45 逆さ椋鳥 さかさむくどり

単純に考えると「椋鳥」という体位を逆にする、すなわち体位の位置が逆転するということだと思うんですけど・・ 少し名称が変わると体位のカタチが違ったりするのでどうなんですかね。 69(シックスナイン)の立ち位置が替わる 体位について 逆さ椋鳥(...
前戯

戯道ノ四十四 表四十八手44 白光錦 びゃっこうにしき

錦は豪華な意味合いがあったと思いますけど、光が当たるほどってすごい表現の体位ですね! どんな激しい体位なのか気になります。 必ず行っているはずの前戯であり素質の開花にもつながる 体位について 白光錦(びゃっこうにしき)を解説した画像をご覧く...
スポンサーリンク
Verified by MonsterInsights