戯道ノ五十四 裏四十八手6 鳴門後ろ取り なるとうしろどり

座位
性徒4
後ろ取りは「後ろから」と予想できるから後背位っぽいけど、渦巻くナルトはどんな69みたいなことですかね・・
何で先生は説明に悩んでいるんですか?w
表現する難易度が高めの座位

体位について

鳴門後ろ取り(なるとうしろどり)を解説した画像をご覧ください。

タチとウケのポイントについては詳しく解説をするので画像の<説明>は流し読みで十分です。

正面・右・左・後背面の4方向からの画像で体位を想像しながら読んでみましょう。

 

画像による解説

別名・・解説する体位の別の名称
体位種別・・基礎となる体位(正常位・後背位・騎乗位・測位・交差位・座位・伸長位・立位)
青色・・体位を行うのにポイントとなるタチの体勢
赤色・・体位を行うのにポイントとなるウケの体勢
難易度・・★:易しい ★★:体力を要する ★★★:双方に筋力や柔軟性が必要
画像は体位を固定して4方向から撮影したもの

 

由来・豆知識

由来について、原書には「鳴門の渦巻きを思わせるような悩ましくもややこしい形」と書かれていることから、渦巻きに見えることで名付けられたといえます。

鳴門後ろ取り(なるとうしろどり)」という言葉は、「鳴門(なると)」と「後ろ取り(うしろどり)」に単語を分けることができます。

鳴門(なると)」とは、潮流が音を鳴らすほどの激しい流れの海峡・瀬戸・水道を指します。

 

食べ物の「ナルト」も鳴門海峡の渦潮にちなんで名付けられてます。

 

後ろ取り(うしろどり)」は性交姿勢の一つであり、男子女の背後より交接することで略して「うしろ」といわれます。また、捏ね取りいう意味もあり「餅をこね返すこと」からこねくり回すという意味があります。

 

四十八手の名称の中に似たような単語がないことや、名称と体位がリンクしにくいため覚えにくいです。

それではタチとウケのポイントを確認していきましょう。

 

体位のポイント

上記では体位を簡単に把握してもらうために1枚の紙にまとめた画像を紹介しました。

より詳しくタチ・ウケのおさえるポイントと流れを記述していきます。

 

タチのポイント

座って片足を少し前に出すように折り曲げ、もう片足は横に広げておきましょう。

ウケが背面になって座り挿入ができたらウケの片足を自分のモモに乗せます。

ウケは胡坐になっているので、タチの広げていた片足はウケの足の前面に膝を立てて出します。

背中を少し後ろに反らせ、ウケが前かがみになることで空間を作ります。

ウケの乳首や竿をなでるように両手は前に出して抱えるような形になりましょう。

激しく動くことができない体位でゆっくりと腰を揺らす様に動き、両手でウケを楽しませましょう。

形はともあれタチからすると座ってバックから掘るといった具合でいいでしょう。

見た目は単純なように見えますがやはり竿の長さがある程度必要なことと、激しいのが好きな人には向かない体位ともいえます。

たまに前かがみになってウケの背中とくっついたり、耳元で囁いてみたりしてみるのも一興といえます。

休憩したいけど挿入はしていたい人には向いていますね。

 

ウケのポイント

タチが座って足を軽く広げたら、後ろ向きになってタチの竿に跨ります。(背面)

挿入できたら胡坐になるように足を内側へ折り曲げ、片足はタチもモモに乗せましょう。

タチの片足が前に出てきたら軽く前屈みになるように倒れます。

両手も前にだしてグッタリするようにタチの両手に身を預ける形になりましょう。

穴の位置や胡坐になるような足の組み方など柔軟性なども必要になるためカタチになるのに時間を要することもあります。

背面座位という言い方がしっくりくるような体位であまり経験することはないのではないでしょうか?

実践してみる意外と結合しにくく、タチの竿の長さやウケの穴の位置を計算する必要があります。

背面騎乗位は激しいSEXをしやすいですが座位になれば互いに動きづらい事から好まれないことも多いでしょう。

逆に激しいのが好みでなければこの体位はオススメできます。

 

戯術展開

いきなり経験の少ない戯術を仕掛けるのは、ムードが大事なSEXにおいて無粋(ぶすい)ですよね。

やはり自然な流れのなかで抱きあい、包みあいたいところ・・

どちらかが初心者であれば体位の名称と簡単な説明をしてカタチになりましょう。

互いに上級者であれば基本体位から自然な流れを作るように察しながら戯(たわむ)れましょう。

体位種別は【座位】だが、後背位であることから後背位系統の展開が無難といえる

鳴門後ろ取り の前に流れをつくる体位

本駒掛け(ほんこまがけ)

鳴門後ろ取り の後に変化させる体位

〆込み錦(しめこみにしき)/下り藤(くだりふじ)

 

動画の撮影について

AV制作や個人撮影している方も増えてきたので動画による撮影ポイントを解説しています。

写真であれば雰囲気も必要なので全体もありですが、動画で全体はさほど必要ありません。

 

頭側・前側

必須シーンです

 

上側・背中側

オススメしません

画像では後側になっています。

 

横側

必須シーンです

 

尻側・後側

オススメしません

 

射精シーン

撮っておきましょう

外出し(腹・顔)

 

中出し・再挿入

 

まとめ

性徒 と よも から体位についてのヒトコト、関連リンク集に厳選ゲイ動画、解説した体位が行われているオススメ動画を紹介します!

体位についてヒトコト

性徒4
あまり覚えていませんがこのカタチになって掘ったことはあったと思います。
ただウケのポイントを考えて後ろに反ったことはないような気がするので、正常位のあとに意識して挑戦してみます!

簡単にいうのであれば背面座位ということでしょうね。

本来は女性との体位ですから竿が大きいなど難易度が高めですが、男同士なら穴が後ろにあるのでバックで座りながら挿入といった感じですね。

ただしこの体位はウケの足を前に出すことで動きにくくなる点やタチの足の位置など工夫をしないといけません。

自分がこの動きにくい体位を利用するのであればバックが苦手なウケの練習に適していると考えます。

互いに動きにくいため激しさはなく、イチャイチャするように耳元で囁いたり、背中にキスするなどのバニラ寄り行為をすることでウケもイヤな体位とは思わないでしょう。

日本と海外どちらも鳴門後ろ取り(なるとうしろどり)のシーンはあまり見かけたことがありません!

 

関連リンク

次回の体位は⇒戯道ノ五十五 裏四十八手7 交喙取り いすかどり

さらに他の戯道について詳しく知りたい方はX(旧Twitter)
戯道館(ぎどうかん)~雄♂同士の四十八手教室~/戯道場

厳選ゲイビデオ紹介リンク

「戯道場」で記事として紹介している厳選作品のリンクを貼っています。
※アフィリエイトとなっておりリンク先で購入して頂くとよもがニコニコしますw

戯道のすゝめ

戯道館で学んだことをさらに映像で視聴できるよう、戯術が実践された動画を紹介しています。(下の画像にリンクあり)
戯道場にある「戯道の動画集」(固定ページ)で各戯術が実践されている作品を確認して見ましょう。
見かけない戯術は「よも」が実践した動画をそのまま貼り付けています!
選定中の戯術もございますのでオススメが見つかるまでお待ちください!
「よも」について興味のある方はプロフィールをご覧ください!

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました