戯道ノ三十四 表四十八手34 空竹割 からたけわり

伸長位
性徒5

竹を割るということは勢いをつけるということですか?

激しいのは嫌いではないですが、自分がやられるなら優しくしてほしいです・・・

初心を忘れてしまった貴方に!

体位について

空竹割(からたけわり)を解説した画像をご覧ください。

タチとウケのポイントについては詳しく解説をするので画像の<説明>は流し読みで十分です。

正面・右・左・後背面の4方向からの画像で体位を想像しながら読んでみましょう。

 

画像による解説

別名・・解説する体位の別の名称
体位種別・・基礎となる体位(正常位・後背位・騎乗位・測位・交差位・座位・伸長位・立位)
青色・・体位を行うのにポイントとなるタチの体勢
赤色・・体位を行うのにポイントとなるウケの体勢
難易度・・★:易しい ★★:体力を要する ★★★:双方に筋力や柔軟性が必要
画像は体位を固定して4方向から撮影したもの

 

由来・豆知識

由来は、桶屋が青竹を割るとき、刃物を竹の切り口にあてがい、グッと力を入れて刃物を割り込み、ふしのところを割っていく形になぞらえて付けられました。

空竹割(からたけわり)」という言葉は単語として「唐竹割り(からたけ)」がありますから分解する必要はなさそうです。(「空竹」と「唐竹」は同じ)

「唐竹割り」の意味は、日本刀などで相手を縦に真っ二つにすることです。

意味だけ聞くとちょっと怖い名称ですね・・・※フリー画像を利用

由来では真っ二つにする意味で勢いが必要ですが、実際のセックスでは絶対にいきなり勢いをつけてはいけません!

この体位は女性だからこそですが、本当に実行すると相手を負傷させかねません。

男同士であれば素股になるのでケガの心配はありません。

 

別名としては男同士のために挿入できないことを踏まえ、素股(すまた)・兜合わせ(かぶとあわせ)・鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり)・締め小股(しめこまた)などの前戯としての名称があげられる。

四十八手の用語で「単語」としての名称はあまり見かけませんが、覚えやすい用語の一つではありますね。

それではタチとウケのポイントを確認していきましょう。

 

体位のポイント

上記では体位を簡単に把握してもらうために1枚の紙にまとめた画像を紹介しました。

より詳しくタチ・ウケのおさえるポイントと流れを記述していきます。

 

タチのポイント

ウケを仰向けに寝かせたらキスをするようにうつ伏せに重なります

押しつぶさないよう両手または両ヒジで自分の上体を支えます

ウケは閉じている股の付け根に竿を当て、こするように上下に動きます。

このときウケの足が開かないようにタチはウケの両足を挟むようにして置きましょう。

前戯の一つであり、ウケが穴を得意としない場合や、挿入前の盛り上がりとして利用できます。

顔を合わせることからキスと素股の両方でウケを攻めることができます

タチ側としては早く穴による体位を披露したいものですがそこはグッと我慢しましょう。

いきなり挿入するよりはウケを焦らすようにキス+股を竿で擦り合わせれば、興奮して我慢できなくなり股を開きたくてウズウズするかもしれません。

前戯の基本として取り入れてみましょう。

 

ウケのポイント

仰向けに寝たら足を伸ばして閉じましょう

タチが重なってきても特に動く必要はありません。

タチが挿入してくる際に、なるべく竿や玉を巻き込まないよう持ち上げます。

股を締めるように足をしっかりと閉じましょう。

ウケの太ももが大きかったり、筋肉質だと太ももに力を入れるだけで閉まりと硬さが上がります。

わざと足を閉じてみてタチの様子を伺ってみるのも手です。

足をこじ開けようとしたりする余裕のないタチならこの後の展開もたかが知れていることでしょう。

※感づいてない場合は素股の説明をするのもアリですよ

蟻の門渡りをタチにしっかりと攻めてもらいましょうw

 

戯術展開

いきなり経験の少ない戯術を仕掛けるのは、ムードが大事なSEXにおいて無粋(ぶすい)ですよね。

やはり自然な流れのなかで抱きあい、包みあいたいところ・・

どちらかが初心者であれば体位の名称と簡単な説明をしてカタチになりましょう。

互いに上級者であれば基本体位から自然な流れを作るように察しながら戯(たわむ)れましょう。

体位種別は【伸長位】であり、男同士では前戯なのでこの後の展開は無数

空竹割 のに流れをつくる体位

尺八(しゃくはち)

空竹割 のに変化させる体位

志がらみ(しがらみ)筏崩し(いかだくずし)

 

動画の撮影について

AV制作や個人撮影している方も増えてきたので動画による撮影ポイントを解説しています。

写真であれば雰囲気も必要なので全体もありですが、動画で全体はさほど必要ありません。

 

頭側・前側

オススメしません

画像のように特にエロさが出るようなシーンはありません。

 

上側・背中側

撮っておきましょう

画像では後側になっていますが、この状態でアングルを上側に持ってくるとタチの背中がしっかりと映ります。

上のアングルから玉に向かって少しずつカメラワークを移動させるとリアルな感じを演出できます。

 

横側

撮っておきましょう

横側からの撮影だと結合部は映りにくいですが、腰振りやキスの様子など全体が分かるので撮っておきましょう。

シーンとしては短めで十分です。

 

尻側・後側

必須シーンです

後ろから撮影することでしっかりと股の様子が分かります。

両者の足の力の入れ具合やタチの腰振りなどが把握できますが、挿入部のドアップも忘れないようにしましょう。

 

射精シーン

撮っておきましょう

外出し(腹・顔)

この体位での射精ということはAVではおそらく前戯のみの作品が多いと思います。

タチが射精距離に自信があるのであれば前側から映すことで射精に迫力が生まれ、ウケの顔などに掛かればエロさが倍増します。

ゲイビデオでこの射精は映像として貴重ともいえます。

 

中出し・再挿入

中出しというよりは付け根に精液を掛ける行為といえます。

タチが竿を深く挿して射精するとウケの太もも裏に精液が広がってしまうため、ギリギリ付け根の上部で射精しましょう。

そうすることでタチの射精している竿や玉の躍動感が映り、上部に精液があふれ出してくるというエロいシーンを撮影することができるでしょう。

 

まとめ

性徒 と よも から体位についてのヒトコト、関連リンク集に厳選ゲイ動画、解説した体位が行われているオススメ動画を紹介します!

 

体位についてヒトコト

性徒5

まだ初めての頃はたしかに挿入ではなく素股で互いのものを刺激していた記憶がありますね。

改めて大人の階段を上るうちに初めての青春を忘れてしまいました!

機会があったときに少年のときの気持ちに戻ってみます。

自分も今ではあまり素股をやらなくなってしまいました。

やはり互いに早く気持ちよくなりたいという高揚感に勝てなくなってしまいます。

「初心忘るべからず」ということで戯道の精神性を高める修業を頑張ります!(どういうこと?)

私がこの体位の流れに気づいてなかったときは喝(カツ)を入れてくださいw

日本と海外どちらも空竹割(からたけわり)のシーンは前戯でも意外と見かけることは少ないです。

 

関連リンク

さらに他の戯道について詳しく知りたい方はX(旧Twitter)
戯道館(ぎどうかん)~雄♂同士の四十八手教室~/戯道場

厳選ゲイビデオ紹介リンク

「戯道場」で記事として紹介している厳選作品のリンクを貼っています。
※アフィリエイトとなっておりリンク先で購入して頂くとよもがニコニコしますw

戯道のすゝめ

戯道館で学んだことをさらに映像で視聴できるよう、戯術が実践された動画を紹介しています。(下の画像にリンクあり)
戯道場にある「戯道の動画集」(固定ページ)で各戯術が実践されている作品を確認して見ましょう。
見かけない戯術は「よも」が実践した動画をそのまま貼り付けています!
選定中の戯術もございますのでオススメが見つかるまでお待ちください!

コメント

Verified by MonsterInsights