戯道ノ三十 表四十八手30 機織茶臼 はたおりちゃうす

騎乗位
性徒8

茶臼系の技が続いていたけど、これでいったん落ち着きそうですね。

機織は編み物をするための器具のことだったはず!

ウケが上に跨って機織機(はたおりき)のような繰り返す動きをすると思うんですけど、どんな繰り返し方をするんですかね・・

愛するか支配するかは貴方の所作しだい

体位について

機織茶臼(はたおりちゃうす)を解説した画像をご覧ください。

タチとウケのポイントについては詳しく解説をするので画像の<説明>は流し読みで十分です。

正面・右・左・後背面の4方向からの画像で体位を想像しながら読んでみましょう。

 

画像による解説

別名・・解説する体位の別の名称
体位種別・・基礎となる体位(正常位・後背位・騎乗位・測位・交差位・座位・伸長位・立位)
青色・・体位を行うのにポイントとなるタチの体勢
赤色・・体位を行うのにポイントとなるウケの体勢
難易度・・★:易しい ★★:体力を要する ★★★:双方に筋力や柔軟性が必要
画像は体位を固定して4方向から撮影したもの

 

由来・豆知識

由来は、騎乗位で上になっている側が腰の使い方を色々と工夫することが可能でその形や、手と腰の調子の合わせ方が機(はた)を織るときのように似ていることから来ています。

機織茶臼(はたおりちゃうす)」という言葉は、「機織(はたおり)」という単語と「茶臼(ちゃうす)」に分けることができます。

機織(はたおり)」とは、糸を織物に織(お)りあげる機械のことです。

経糸(たていと)に緯糸(よこいと)を交互に組み合わせる織り(製織工程)を機能的に行う機械の総称をいいます。(フリー画像を利用)

 

茶臼(ちゃうす)」ときいてイメージするのは葉茶をひいて抹茶にするための石臼のことでしょう。

じつは、上下逆になること。特に、男女交合で女性が上になる体位のことと記述されています。

このことから茶葉をひく意味の茶臼ではなく騎乗位としての専門用語として遣われるのが分かりますね。

茶臼は石臼が本来の意味であとから性交体位のひとつとして遣われたと思われます。

おそらくタチが下から突くというよりもウケが乗った状態でグリグリとゆっくり回すように動くこともできるため茶臼に見立てられたのでしょう。

四十八手の用語として基本の体位である「茶臼」という名称がたくさん出てきますので用語の一つとして覚えておくと、騎乗位のカタチというのが分かりますね!

それではタチとウケのポイントを確認していきましょう。

 

体位のポイント

上記では体位を簡単に把握してもらうために1枚の紙にまとめた画像を紹介しました。

より詳しくタチ・ウケのおさえるポイントと流れを記述していきます。

 

タチのポイント

タチは仰向けになります。

ウケが対面になるようにタチにまたがり座ったらタチの竿をウケに挿入します。

タチは竿が抜けないようにゆっくりと自分のヒザを横に開きましょう

ウケが片ヒザを立てたら両手をウケの手の平と合わせてつなぎます。

ウケが主導のように見えますが、タチは手の力を強めたり緩めたりすることでウケの腰の使い方を調整することができます。

画像のようにヒザを立ててもいいですが竿よりも足の位置が高いとウケが動きづらくなります。

あぐらをかくようなカタチにヒザを曲げるとウケは動きやすいです。

タチの手の所作などによりウケの腰使いに変化が出る体位でもあります。

両手を伸ばせばウケは腰を反りますし、横に広げると前に倒れてきます。

まるで操縦するかのような体位ですね!

流れをウケに任せたいときは片手だけ手をつないでみてもよいでしょう。

いたずらに手を動かすとウケが腰を動かしづらくなります!
機織としての技術センスが問われるような体位です!

 

ウケのポイント

タチが仰向けになったら対面になるようにしてタチにまたがります。

そのまま腰を落としてタチの竿を穴に受け入れましょう。

片足はヒザを立てて、もう片方はヒザを床につけます。

タチが足をヒザを横に広げたり曲げて動かない雰囲気を感じたら、両手でタチと手をつないで片ヒザを調節しながら上下に動きましょう。

タチの手の位置でウケの体勢が変わります。また、手を握る力に変化があれば勢いを変えましょう。

たとえば、手を強く握られたら腰を落とす力を強めるなどの工夫です。

騎乗位が好みでない人も少し体勢が変化するだけでもスポットに当たる可能性があります。

共感力やタイミングなどを計る必要があるので意外と難易度は高めかもしれません。

逆に相性がよければ最高に楽しめる騎乗位ともいえるでしょう!

オラネコならぜひタチを組み伏せて精気を絞り取ってほしいところですねw

抜けやすい場合の理由は単純で竿が短いのが理由ではなくウケの穴の位置とうまく合致していないのが原因です。
穴が後ろよりであれば竿の少し前に座り、前側(竿寄り)であれば竿にたいして直角に穴を落とせば前に屈んでも抜けにくくなります。

手の動きが合わないときは強制的にウケ側で調節しちゃいましょうw

 

戯術展開

いきなり経験の少ない戯術を仕掛けるのは、ムードが大事なSEXにおいて無粋(ぶすい)ですよね。

やはり自然な流れのなかで抱きあい、包みあいたいところ・・

どちらかが初心者であれば体位の名称と簡単な説明をしてカタチになりましょう。

互いに上級者であれば基本体位から自然な流れを作るように察しながら戯(たわむ)れましょう。

体位種別は【騎乗位】で基本体位に近いため対面による騎乗位系統の展開が可能

機織茶臼 の前に流れをつくる体位

本茶臼(ほんちゃうす)時雨茶臼(しぐれちゃうす)

機織茶臼 の後に変化させる体位

筏茶臼(いかだちゃうす)

 

動画の撮影について

AV制作や個人撮影している方も増えてきたので動画による撮影ポイントを解説しています。

写真であれば雰囲気も必要なので全体もありですが、動画で全体はさほど必要ありません。

 

頭側・前側

必須シーンです

頭側からの撮影では機織のような互いの所作がはっきりと映ります。

表情なども分かるためエロく映りますが、ぎこちない動きになるとモデルのセンスのなさが分かってしまう残念な映像になってしまうため、シーンとして使えるかは運でもあります。

 

上側・背中側

撮っておきましょう

画像では後側になっていますが、この状態でアングルを上側、背中にアングルを持ってきたときに上下の動きが分かります。

シーンとしては長い尺は必要ありませんが手を広げてウケが前に倒れ込んだときは必須シーンとなります!

 

横側

撮っておきましょう

横からの撮影で十分に騎乗位と把握することができます。

主にヒザを立てている横側からの撮影だと結合部も含めた全体が把握しやすいです。

珍しい撮影となるでしょうから是非撮っておきましょう。

 

尻側・後側

必須シーンです

後ろから撮影しても騎乗位のカタチが分かり、結合部がハッキリと映ります。

手の所作でウケの腰使いも変わるのでウケの動きも分かりやすいです。

上下に揺れる様子やドアップにしたときのエロさが伝わりやすいので絶対に撮影しなくてはならないシーンです。

意外とゲイビデオでは横やオススメしない前側を撮っていたりするので、騎乗位しているときの竿とタマの揺れをバックから撮れていれば駄作にはなりにくいでしょう。

 

射精シーン

必須シーンです

外出し(腹・顔)

外出しであればウケの竿や射精、タチの頭まで飛ぶかもしれない射精を映すのにヒザを立てた横側がベストでしょう。

この体位ならあえて射精をドアップにする必要もなく、全体が映ることでエロさを醸しだします。

ゴムをしていると外すのに時間がかかる可能性がありますから、このカタチでフィニッシュするならナマ掘りがオススメです。

 

中出し・再挿入

中出しであれば遠目アングルからの後側がよいでしょう。

竿と玉の躍動感も伝わるように体位全体とドアップの2種類が見れるとよいです。

この体位であればウケが搾り取るようにも見えるため頭側も撮影してるとより体位の良さを引き出せます。

 

まとめ

性徒 と よも から体位についてのヒトコト、関連リンク集に厳選ゲイ動画、解説した体位が行われているオススメ動画を紹介します!

 

体位についてヒトコト

性徒8

解説されるまではこんな騎乗位があるとは思いませんでした!

タチも動けないわけではないから両手と腰の支配権はどちらにもありそうですね・・

どちらが機織機になるかは弱肉強食なところになるんでしょうか?w

おそらくこの体位をやったことある人はいないに等しいのではないでしょうか?

この体位は手を動かすスピードにもセンスが必要です。

いきなり広げたり伸ばしたりせずに反物(たんもの)を丁寧に仕上げるようにゆっくりと優しく動かしましょう。

手を広げすぎるとウケがヒザを立てているので柔軟性の問題もありますからそこはタチのセンスになるのでしょうね。

いろいろな意味で奥が深い体位です・・

日本と海外どちらも機織茶臼(はたおりちゃうす)になるようなシーンを見かけたことはありません。

珍しい体位はどの体位から撮影しても視聴者に興味を持たせることが可能です。

 

関連リンク

さらに他の戯道について詳しく知りたい方はX(旧Twitter)
戯道館(ぎどうかん)~雄♂同士の四十八手教室~/戯道場

 

厳選ゲイビデオ紹介リンク一覧

「戯道場」で記事として紹介している厳選作品のリンクを貼っています。
※アフィリエイトとなっておりリンク先で購入して頂くとよもがニコニコしますw

 

戯道のすゝめ

戯道館で学んだことをさらに映像で視聴できるよう、戯術が実践された動画を紹介しています。(下の画像にリンクあり)
戯道場にある「戯道の動画集」(固定ページ)で各戯術が実践されている作品を確認して見ましょう。
見かけない戯術は「よも」が実践した動画をそのまま貼り付けています!
選定中の戯術もございますのでオススメが見つかるまでお待ちください!

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました