戯道ノ一 表四十八手1 網代本手 あじろほんて

正常位

性を楽しむために技を頑張って覚えよう!って思ったけど、さっそく網代(あじろ)って何ですか・・本手(ほんて)も聞いたことないです?

いきなり専門用語からでさっそく挫折しそう・・

正常位といえば性交体位において「基本のキ」!
基本である正常位を極めることは「全体位を制する」ためにも重要!

体位について

網代本手(あじろほんて)を解説した画像をご覧ください。

タチとウケのポイントについては詳しく解説をするので画像の<説明>は流し読みで十分です。

正面・右・左・後背面の4方向からの画像で体位を想像しながら読んでみましょう。

 

画像による解説

別名・・解説する体位の別の名称
体位種別・・基礎となる体位(正常位・後背位・騎乗位・測位・交差位・座位・伸長位・立位)
青色・・体位を行うのにポイントとなるタチの体勢
赤色・・体位を行うのにポイントとなるウケの体勢
難易度・・★:易しい ★★:体力を要する ★★★:双方に筋力や柔軟性が必要
画像は体位を固定して4方向から撮影したもの

由来・豆知識

由来は、お互いが正常位で絡みつく様子が、魚をとるために仕掛ける網のカタチに似ていることから来ています。

網代本手(あじろほんて)」という言葉は、「網代(あじろ)」と「本手」に分けることができます。

網代(あじろ)」はたくさんの種類があり、下の画像にあるような「網代編み(あじろあみ)」は、天井や垣根、笠など日常のいたるところで利用されています。

※画像は(https://tomari.org/main/java/moyo/ajiro.html)様より拝借

 

そして「本手」とは囲碁用語の一つであり、急所を突いた本筋の手で、一手の価値を失わない働きのある手のことです。

急所を突くという意味や、価値を失わないという変化に利用できる点からも囲碁の用語からきていると思われます。(相撲の用語に本手はありませんでした)

目次で紹介している戯術展開の多さからも本手(正常位)の使用は納得できますね。

わたしは囲碁よりも将棋派ですがそもそも囲碁(いご)や将棋(しょうぎ)ができるゲイはどのくらいいるのでしょうね?w

 

四十八手の1番として基本の体位である「本手」という名称がたくさん出てきますので用語の一つとして覚えておくと、正常位のカタチというのが分かりますね!

また、本手(ほんて)の他に本間(ほんま)真面(まとも)などじつは呼称がたくさんあります。

公式の四十八手では「本手」の名称を遣っていることから本ブログでも本手の名称を使用します。

それではタチとウケのポイントを確認していきましょう。

 

タチのポイント

ウケを仰向けに寝かせましょう。

ウケに股を開いてもらい、タチは向かい合って竿をウケに挿入します。

挿入した後は緩急をつけたりキスをして楽しみましょう。

性行為では基本の体位であり、タチの腰の振り方でセックスのレベルが分かるといっても過言ではありません。

相手を満足させるコツは前戯から始まっており、ウケの穴を舐めたりして自然と穴に指入るくらいまでホグすことが重要です。(舐め方については四十八手の「花菱責め」の際に記述します)

竿を挿入するときは穴のキツさを確認しながら20秒以上かけて挿入しましょう。

そして根元まで入ったら30秒は動かさない、動いてほしいと言われても竿に力を入れてピクピクさせる程度に留めます。

ここまですれば相手は安心して身を預けてくれます。

※初心者や上級者同士などレベルの違いによって前戯の必要性も変わるので相手に合わせる必要もあります。

挿入していきなり足を持ち上げるのではなく、腰回りを優しく抱いたり、首の負担を和らげるように腕を首の方に回しキスをします。

ウケの柔軟性を確かめる意味でも足をいきなり掴んで持ち上げない方がよいでしょう。

抱きながらゆっくりと腰だけを斜め上方向に動かすイメージで腰を振ります!

ウケに対する注意点としてタチに多いのが、穴を十分にホグさずに、一気に竿の根元を挿入する人がいます。

ウケの経験がある人ならば穴が壊れる原因になることはわかりますよね!

アナルクラッシャーは本当のセックスをまだ知らない童貞と変わりありません!

また竿の大きさは個人で違いますから、他の人が挿入したからといっていきなり挿入して腰を振るのも下手な人です。

複数の時も他の人が挿入したから続けて激しく掘っても大丈夫と思うのは間違いです。
なぜなら、あなたに抱かれて感じたいと思ったウケからすれば、気にかけて優しく抱かれたいと思うはず。

サシでも複数でも、挿入して慣らしたりウケが欲しがったら激しく腰を振りましょう。

ウケの気持ちに寄り添うのが大事なことです!

基本である網代本手を極めることでセックスライフを楽しむことができるでしょう!

 

ウケのポイント

まずは仰向けに寝ます。

タチが竿を挿入しやすいように股を広げましょう。

このとき少し腰を上向きにして穴を見せるとタチが挿入しやすくなります。

タチに挿入されたら抱き付いたりキスして穴を慣らしてから腰振りを楽しみましょう。

開脚の度合いは柔軟性が必要になるのでストレッチは日課として取り入れておくと楽しみが増えます。

柔軟性があると、足を持ち上げられて掘られたときに前立腺付近に当たりやすく、無理な体勢にならないのでメリットしかありません。

挿入後はタチの首回りなどに抱き付きキスをせがんだり、声を漏らしたりタチの目を見つめたりしましょう。

全く反応しない人のことを「マグロ」といいますが、マグロではタチも不安になり、興奮できないうえにオナニー用の人形扱いで終わる可能性が高いです。
過度な演技はよくありませんが、少し恥じらうような演技をするとお互いに盛り上がります!

ウケが演技しないとタチも演技をしませんし、演技をすることで卑猥な雰囲気を醸し出してます。(「演技してるでしょ?」と無粋なことを聞く人がいますが世界観が分からない心の無垢な人なのです)

上級のウケだと激しいピストンに慣れており、穴が緩くなっているので穴の締め付けが必要になります。(初心者と上級者の穴の緩急が全然違いますから経験値が必要になります)

スクワットなどでPC筋などを鍛えておくことも大事です。

またアナルの位置を把握しておくと自分がどの基本体位が向いてるか分かります。
穴が竿に近ければ前立腺に当たりやすい正常位がオススメで、お尻側に穴があるのであれば後背位などがオススメです。
※江戸時代では女性の菊座(肛門)から測ってランク分けされており、会陰部の上付きは掘りやすいことから上品と言われてたそうです。(逆に男性は竿と穴の位置が近い方が掘りやすいですね!)

ウケにとって大変なのはセックス当日の食事制限で、やはり粗相(漏れてしまう)をしてはいけない気持ちは分かりますが気にしすぎるとストレスになります。

粗相に怒ってしまう器の小さなタチもいますが小物を相手にしてはいけません。

 

戯術展開

いきなり経験の少ない戯術を仕掛けるのは、ムードが大事なSEXにおいて無粋(ぶすい)ですよね。

やはり自然な流れのなかで抱きあい、包みあいたいところ・・

どちらかが初心者であれば体位の名称と簡単な説明をしてカタチになりましょう。

互いに上級者であれば基本体位から自然な流れを作るように察しながら戯(たわむ)れましょう。

体位種別は【正常位】であり基本体位なのであらゆる体位へ展開させることができる

網代本手 の前に流れをつくる体位

網代本手が基本体位

網代本手 の後に変化させる体位

揚羽本手(あげはほんて)鶺鴒本手(せきれいほんて)/他にも様々な体位の変換が可能

 

動画撮影のポイント

AV制作や個人撮影している方も増えてきたので動画による撮影ポイントを解説しています。

写真であれば雰囲気も必要なので全体もありですが、動画で全体はさほど必要ありません。

特に網代本手の撮影の仕方で動画全体の評価が決まるといっても過言ではありませんから撮影には念を入れましょう!

 

頭側・前側

オススメしません

この位置からだと抱き合ってるだけなのか、ちゃんと結合しているのかも分かりにくいですね。

たまに動画で見かけますがカメラのアングルの一部としてはアリです。

しかし10秒以上撮影しても結合や動作が分かりにくいので意味がないためアングルとしては必要ありません。

上側・背中側

オススメしません

上記の画像では後ろ側ですが、この上や背中を中心に撮っても体位のカタチや結合部が分かりにくいため必要性はないでしょう。

タチの背中の筋肉が分かりやすく、汗の垂れぐあいを撮るならばアリの体位です。

横側

撮っておきましょう

からの撮影であればタチがウケの竿を扱いていたり、抱き合ってキスしたりなど、ただ掘っている以外のシーンも欲しいところです。

正常位の横全体は珍しさもないので長時間の撮影は必要ありません。

尻側・後側

必須シーンです

やはり正常位のカタチで一番映えるのは尻側からの撮影でしょう。

結合部の擦れや玉の揺らぎ、尻と腿の躍動感などが分かりますね!

二人の尻が画面に収まるように撮影して結合部にズームするような映し方だとエロいですね。

この部分の撮影の仕方でカメラマンの技量が分かります

この後側が十分に撮影できていない作品で良作はないといっても過言ではありあません

逆にこの後側のアングルはいいけど他の部位の撮影技量が足りないということも少ないでしょう!

射精シーン

必須シーンです

外出し(腹・顔)

タチやウケが腹に射精するなら二人の顔と体が映ったシーンがよいでしょう。

前側から撮影しておけば、飛距離があって顔にまで飛び散ったとしても撮り逃しがないです。

飛距離がなければ編集で竿をズームすればよいので遠目から撮影しておいてもよいでしょう。

先にウケを射精させ、タチがウケの体に射精してもエロいですね。

射精時を再度スローモーションで映してもよいでしょう。(昔の作品は多かったです)

画面の2分割などは単純に性処理したいと思う脳の処理に負荷がかかるのでオススメしません。

 

中出し・再挿入

中出しの場合は後側からの撮影が映えます。

なぜなら玉がピクついて射精してるのが最高のシーンでもあり、+αで横から抱き付いてるシーンとキスのドアップなど別のシーンにも繋ぎやすいです。

二人の尻全体がカメラに収まり、ズーム編集した玉と結合部がシーンとしてあれば作品としては良品です。

竿を抜いてウケの穴から白濁液を少し出させ、再挿入するとエロさが増します。(海外の中出しパターンに多い)

他に、タチが腹に射精したら再挿入して抱き合うシーンがあると素晴らしいです。

中出し後にすぐ竿を抜くのではなくお互い余韻をあじわうシーンも欲しいところ。

抱き合ってるうちに自然とタチの竿が穴から外れ、自然体のまま穴から垂れ出る精液が映っていると最高ですね!

 

まとめ

性徒 と よも から体位についてのヒトコト、関連リンク集に厳選ゲイ動画、解説した体位が行われているオススメ動画を紹介します!

 

体位についてヒトコト

正常位のことを四十八手では「網代本手」というんだね!

他にも呼び方がたくさんあるみたいだけど、正常位よりも本手(ほんて)という方が短くて楽だね!

基本体位だからこそ奥が深いというか、人によって気持ちよさが全然ちがうのが不思議だよ。

おそらくあなたも前戯から正常位によるピストンの一連で相手の技量を図っているのではないでしょうか?

それだけ正常位は重要な体位なのです。

デカマラなら何でもいいという人以外はぜひ正常位での行為を大事にしてください!

日本・海外ともに正常位はもちろん必須で撮影されていますね。

 

関連リンク

戯道の説明については⇒戯道について

さらに他の戯道について詳しく知りたい方はX(旧Twitter)
戯道館(ぎどうかん)~雄♂同士の四十八手教室~/戯道場

厳選ゲイビデオ紹介リンク

「戯道場」で記事として紹介している厳選作品のリンクを貼っています。
※アフィリエイトとなっておりリンク先で購入して頂くとよもがニコニコしますw

ゲイビデオメーカーの動画リンクの画像

戯道のすゝめ

戯道館で学んだことをさらに映像で視聴できるよう、戯術が実践された動画を紹介しています。
戯道場にある「戯道の動画集」(固定ページ)で各戯術が使用されている作品を確認して見ましょう。
見かけない戯術は「よも」が実践した動画をそのまま貼り付けています!
選定中の戯術もございますのでオススメが見つかるまでお待ちください!

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました