戯道ノ八 表四十八手8 深山本手 みやまほんて

正常位

ほとんど人が入っていないような奥深く静かな大自然のことを「深山幽谷(しんざんゆうこく)」といいますね。

名称からして挿入感が深いという体位なのは予想つきました。

深山するにはタチの腰使いが肝心な体位

体位について

深山本手(みやまほんて)を解説した画像をご覧ください。

タチとウケのポイントについては詳しく解説をするので画像の<説明>は流し読みで十分です。

正面・右・左・後背面の4方向からの画像で体位を想像しながら読んでみましょう。

 

画像による解説

別名・・解説する体位の別の名称
体位種別・・基礎となる体位(正常位・後背位・騎乗位・測位・交差位・座位・伸長位・立位)
青色・・体位を行うのにポイントとなるタチの体勢
赤色・・体位を行うのにポイントとなるウケの体勢
難易度・・★:易しい ★★:体力を要する ★★★:双方に筋力や柔軟性が必要
画像は体位を固定して4方向から撮影したもの

由来・豆知識

由来についての記述はありませんでした。

深山本手(みやまほんて)」という言葉は、「深山(みやま)」と「本手」に分けることができます。

深山(みやま)」とは人里遠く離れた奥深い山です。

深い山として名称付けたのには深掘りすることができるという意味も込めているのかもしれませんね。

たしかに腰を持ち上げられて奥深く入ることから喜ぶウケが多いのも事実。

洞入り本手と同じく迷子にならないよう慎重に掻き分けていきましょう!

 

そして「本手」とは囲碁用語の一つであり、急所を突いた本筋の手で、一手の価値を失わない働きのある手のことです。

急所を突くという意味や、価値を失わないという変化に利用できる点からも囲碁の用語からきていると思われます。(相撲の用語に本手はありませんでした)

目次で紹介している戯術展開の多さからも本手(正常位)の使用は納得できますね。

わたしは囲碁よりも将棋派ですがそもそも囲碁(いご)や将棋(しょうぎ)ができるゲイはどのくらいいるのでしょう?

四十八手の1番として基本の体位である「本手」という名称がたくさん出てきますので用語の一つとして覚えておくと、正常位のカタチというのが分かりますね!

また、本手(ほんて)の他に本間(ほんま)真面(まとも)などじつは呼称がたくさんあります。

公式の四十八手では「本手」の名称を遣っていることから本ブログでも本手の名称を使用します。

それではタチとウケのポイントを確認していきましょう。

 

タチのポイント

まずはウケを仰向けに寝かせて正常位の体勢になってもらいましょう。

正常位のまま竿を挿入します。

ウケの穴が斜め上になるように腰に手を当てる、もしくは足の膝裏を持ち上げます。

腰を持ち上げるのが難しい場合や体力がキツくなってきたときは、持ち上げた尻を支えるように自分の太ももを当てましょう。

ウケの体が柔らかくて持ち上げやすい場合は、さらに高く持ち上げてスクワットをするように中腰になって掘ってもよいでしょう。

ウケの穴が上向きになり、タチの竿と垂直になればなるほどウケの前立腺への刺激が高まります。

また足がスクワットの体勢になって上下に激しくピストンすると刺激が強くなり、ぶつかる音も激しくなるため視覚、聴覚ともに興奮します。

よも
よも

この体勢で中出しすることをプレス機で押しつぶすイメージから正常位版の「種付けプレス」といわれています。

持ち上げすぎるとウケの腹や腰に負担がかかったり、安定しにくくなるので注意しましょう。

また竿の長さが巨根よりは平均以下のほうがよさそうで、硬い方が亀頭で直接グリグリと責めたり、激しくピストンして攻めたりとしやすいイメージです。

巨根だと奥に挿入しすぎてしまうためピストンのさいに腰のストローク(ひとかき、打数)が深くなってしまい体力と腰振りの技術が必要になります。

序盤から攻めずに、終盤に全力で果てるため(ウケのため)の渾身の必須体位としましょう。

ウケは種付けされれば喜びますし(人によりますが)、スクワット体勢で掘っているのを他の人が見ていれば足の筋肉と接合部のエロさに注目されます。

 

ウケのポイント

ウケは仰向けになって正常位の状態になります。

タチに竿をそのまま入れてもらいましょう。

タチに腰を上げてもらい尻の穴が斜め上になるように、手を床についてバランスをとります。

足は開いてもいいですが、タチの肩においた方が楽になります。

高く持ち上げられる場合はお腹や腰に負担がかかり、安定しづらくなるので手を床についてバランスをとりましょう。

タチは興奮して腰を激しくピストンしてしまい、前立腺への刺激が強くなりすぎるので注意が必要です。

ウケは気持ちがいいぶん体力の消耗が激しくなりますから、適度にこの体位でおこないましょう。

この体勢で一心不乱に自分のことを掘って種付けしようとする姿はたまらないですね!

 

戯術展開

いきなり経験の少ない戯術を仕掛けるのは、ムードが大事なSEXにおいて無粋(ぶすい)ですよね。

やはり自然な流れのなかで抱きあい、包みあいたいところ・・

どちらかが初心者であれば体位の名称と簡単な説明をしてカタチになりましょう。

互いに上級者であれば基本体位から自然な流れを作るように察しながら戯(たわむ)れましょう。

体位種別は【正常位】であり基本体位なのであらゆる体位へ展開させることができる

深山本手 の前に流れをつくる体位

網代本手(あじろほんて)

深山本手 の後に変化させる体位

揚羽本手(あげはほんて)鶺鴒本手(せきれいほんて)/他にも様々な体位の変換が可能

 

動画撮影のポイント

AV制作や個人撮影している方も増えてきたので動画による撮影ポイントを解説しています。

写真であれば雰囲気も必要なので全体もありですが、動画で全体はさほど必要ありません。

頭側・前側

撮っておきましょう

この体位は頭側から撮ることで深く掘っていることが分かりやすいですね。

また両者が目をとじて気持ちよさそうな顔でカメラ目線になると映えるシーンができます。

 

上側・背中側

オススメしません

上側や背中を撮っても正常位とあまり変わりがないでしょう。

上側からの撮影してもタチの背中で全て隠れてしまいます。

 

横側

撮っておきましょう

横からの撮影は深山本手のカタチが分かり、ウケの腰が高いほど深い挿入感が伝わります。

頭側から横に移動して尻側への移動がリアルでエロさが伝わりやすくなります。

 

尻側・後側

撮っておきましょう

腰を持ち上げて掘ることにより、玉もハッキリと見えてエロいですね。

スクワットの体勢になって掘るとタチの力強さと、結合部や尻に勢いよく当たるパンッ!とした音がより興奮度を増すことができます。

 

射精シーン

必須シーンです

外出し(腹・顔)

この体位での外に出す射精シーンはウケに体勢を維持してもらう必要があります。

頭側からならウケの顔にも飛びやすく、両者が射精してもエロく撮影できます。

 

中出し・再挿入

中出しであればやはり尻側から撮影して竿のビクつきや、金玉の収縮を撮影します。

スクワットの体勢で激しくこすりつけるように種付けプレスをすると間違いなくエロい作品に仕上がります。

全体もよいですが足がギリギリ画面に収まり、金玉がアップされてのシーンも撮れていると満点といえるでしょう。

 

まとめ

性徒 と よも から体位についてのヒトコト、関連リンク集に厳選ゲイ動画、解説した体位が行われているオススメ動画を紹介します!

 

体位についてヒトコト

じつは俺もよくヤるんですよ。どっち側になっても気持ちいいんだよな~

Twitterでも動画でよく見かけるし、実際にヤってもミても最高の体位だよね!

正常位から持ち上げるこの体位を経験したことがない人はおそらくいないでしょう。

ウケはとくに竿が奥まで入りやすい事や、前立腺の位置に当たりやすくなるため喜ぶ人も多いはず。

タチも犯しているような雰囲気になるため互いに気分が高揚しやすいです。

終盤でおたがいの精力勝負として体力が尽きるまでヤると燃えますね!

日本・海外ともに深山本手(みやまほんて)は正常位の途中や、タチが立つことができるシチュエーションで掘るときにウケを持ち上げるといったカタチで見かけますね。

 

関連リンク

さらに他の戯道について詳しく知りたい方はX(旧Twitter)
戯道館(ぎどうかん)~雄♂同士の四十八手教室~/戯道場

 

厳選ゲイビデオ紹介リンク

「戯道場」で記事として紹介している厳選作品のリンクを貼っています。
※アフィリエイトとなっておりリンク先で購入して頂くとよもがニコニコしますw

ゲイビデオメーカーの動画リンクの画像

戯道のすゝめ

戯道館で学んだことをさらに映像で視聴できるよう、戯術が実践された動画を紹介しています。
戯道場にある「戯道の動画集」(固定ページ)で各戯術が使用されている作品を確認して見ましょう。
見かけない戯術は「よも」が実践した動画をそのまま貼り付けています!
選定中の戯術もございますのでオススメが見つかるまでお待ちください!

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました