戯道ノ四十九 裏四十八手1 俵抱き本手 たわらだきほんて

正常位
性徒1

今日から「裏」の授業ですね。裏は「20手」ときいたので表の48手より覚えるのは難しくなさそうです!

「俵を抱えるような本手」というのはなんとなくイメージはできますが、表現で「俵」を使うくらい重く感じる体位なんですか?

タチは覚えておくとウケに好まれるかも!

体位について

俵抱き本手(たわらだきほんて)を解説した画像をご覧ください。

タチとウケのポイントについては詳しく解説をするので画像の<説明>は流し読みで十分です。

正面・右・左・後背面の4方向からの画像で体位を想像しながら読んでみましょう。

 

画像による解説

別名・・解説する体位の別の名称
体位種別・・基礎となる体位(正常位・後背位・騎乗位・測位・交差位・座位・伸長位・立位)
青色・・体位を行うのにポイントとなるタチの体勢
赤色・・体位を行うのにポイントとなるウケの体勢
難易度・・★:易しい ★★:体力を要する ★★★:双方に筋力や柔軟性が必要
画像は体位を固定して4方向から撮影したもの

 

由来・豆知識

由来は尻を持ち上げるときの様子が俵を持ち上げるときに似ていることから表した名称と考えられます。

俵抱き本手(たわらだきほんて)」という言葉は、「俵(たわら)」と「抱き(だき)」と「本手(ほんて)」の3つの単語に分けることができます。

俵(たわら)」とは、藁やかやなどを編んで作った袋状の入れものであり穀物、芋類、塩、木炭などを入れるのに用いる。ふつうは「米俵(こめだわら)」のことをいいます。

 

抱き(だき)」とは、動詞「抱く」の連用形、あるいは連用形が名詞化したもの・・いわゆる抱き付くことですね。

 

そして「本手」とは囲碁用語の一つであり、急所を突いた本筋の手で、一手の価値を失わない働きのある手のことです。

急所を突くという意味や、価値を失わないという変化に利用できる点からも囲碁の用語からきていると思われます。(相撲の用語に本手はありませんでした)

目次で紹介している戯術展開の多さからも本手(正常位)の使用は納得できますね。

 

四十八手の1番として基本の体位である「本手」という名称がたくさん出てきますので用語の一つとして覚えておくと、正常位のカタチというのが分かります。

それではタチとウケのポイントを確認していきましょう。

 

体位のポイント

上記では体位を簡単に把握してもらうために1枚の紙にまとめた画像を紹介しました。

より詳しくタチ・ウケのおさえるポイントと流れを記述していきます。

 

タチのポイント

ウケを仰向けに寝かせ、タチは穴に竿を入れて正常位のカタチになります。

タチはウケの尻を持ち上げてウケの腰を浮かせます。

持ち上げる高さはヒザを床についた状態で安定して掘れる位置です。

タチの手で支える筋力が必要になることと、ウケは腰が持ち上がりスポットに当たりやすくなるため身をよじらせることがあるので安定させることも大事です。

この体位はタチなら挑戦したことがあると思います。

スポットに当たりやすくなりウケからも好評だったのではないでしょうか。

この体位のポイントは持ち上げる手はウケの腰ではなく尻を持ち上げるようにする点です。

本来の正常位であるウケの足腰より前方に手を持っていかないようにしましょう。

尻を持ち上げたあとは竿が抜けないように体をウケの尻に密着させるとより安定感が増します。

ウケは動きにくくなるためタチ主導の体位です。

 

ウケのポイント

仰向けになり、タチに竿を入れてもらい正常位のカタチになります。

タチがウケの尻を持ち上げてウケの腰を浮かせたら手を床につけてバランスをとります。

タチが安定して掘り始めたら足をタチの肩にかけたりヒザを曲げてタチの体に絡ませるとより安定するでしょう。

ウケは下半身とはいえ体重が重ければその分タチに負荷を与えるので体格差には注意が必要です。

私は尻を持ち上げられて掘られたことがないのですが、タチをしたときにこの体位になると気持ちよさそうにしてくれることが多いです。

タチにはぜひ必須体位としてヤってもらいところですよね。

タチが持ち上げているときに下半身の力を抜きすぎてしまうとタチに負荷がかかりすぎるので足を肩にのせたりして安定させると長く掘ってもらるかもしれません。

気持ちよければ表情や喘ぎ声で表現するとタチも気分が高まりドーパミンが出て重さを忘れてくれるでしょう。

 

戯術展開

いきなり経験の少ない戯術を仕掛けるのは、ムードが大事なSEXにおいて無粋(ぶすい)ですよね。

やはり自然な流れのなかで抱きあい、包みあいたいところ・・

どちらかが初心者であれば体位の名称と簡単な説明をしてカタチになりましょう。

互いに上級者であれば基本体位から自然な流れを作るように察しながら戯(たわむ)れましょう。

体位種別は【正常位】であり、基本の正常位と差がないため展開が無数といえる

俵抱き本手 の前に流れをつくる体位

網代本手(あじろほんて)深山本手(みやまほんて)

俵抱き本手 の後に変化させる体位

入船本手(いりふねほんて)

 

動画の撮影について

AV制作や個人撮影している方も増えてきたので動画による撮影ポイントを解説しています。

写真であれば雰囲気も必要なので全体もありですが、動画で全体はさほど必要ありません。

 

頭側・前側

必須シーンです

タチがウケの尻を持ち上げながら掘る様子や表情、ウケの表情や体に掘られて揺れる竿と玉が映ります。

全体的に映したりアングルをアップにして映してもこの体位の良さを味わうことができます。

 

上側・背中側

オススメしません

画像では後側になっていますが、この状態でアングルをに持ってきてもタチの背中が映る程度なので興奮ポイントは少ないでしょう。

 

横側

撮っておきましょう

横側から撮影することで持ち上げている高さや腰を振る勢いなども映るため前側と同様に映しておきたいシーンです。

 

尻側・後側

撮っておきましょう

尻側から撮ることによりウケの腰が浮いて掘られている様子が分かります。

またタチの尻や掘るときの玉揺れなどエロさ満載ですが、正常位のカタチが大きく崩れたような体位ではないので目新しさは感じないでしょう。

 

射精シーン

必須シーンです

外出し(腹・顔)

タチが射精するときにそのまま竿を抜いてウケに向かって射精することで、体位を保持したままウケにぶっかけるというエロいシーンを撮ることができます。

また前側を必須シーンとして説明したとおり、タチウケのどちらが射精しても画になるのは間違いないでしょう。

 

中出し・再挿入

中出しの多くは射精時のタマの躍動感などを見たいところですが、後ろからの撮影は正常位を少し持ち上げただけになるので網代本手とそこまで差がありません

持ち上がっていることが分かりやすく、スポットに当てられながら射精までされるウケ側の気持ちで撮影するとよいでしょう。

もちろん後側からの撮影もしておくと、気持ちよさそうな表情のウケを記憶した状態で視聴者が映像をみるので気分が高まります。

 

まとめ

性徒 と よも から体位についてのヒトコト、関連リンク集に厳選ゲイ動画、解説した体位が行われているオススメ動画を紹介します!

 

体位についてヒトコト

性徒1

裏四十八手も始まりは本手からでしたね。また本手が続くのかな?

正常位の腰を持ち上げただけのイメージなので「表」で紹介されていてもいいような体位ですよね・・

著者は角力すもう(相撲)の四十八手に洒落しゃれった」と書いてますから、江戸時代を代表するスポーツとして「夜の相撲」と洒落たのでしょう。

特に区別する必要はなく技を吸収して実践していきましょう。

今回紹介した戯術はとくに喜んでくれるウケが多い技ですから実践して損はないでしょう。

長く掘れるように筋トレで体力をつけていけば更に他の戯術も楽しめるのは間違いありません!

日本と海外どちらも俵抱き本手(たわらだきほんて)のシーンは意外と見かけることが少ないシーンであり長尺シーンはかなりレア。

 

関連リンク

次回の体位は⇒戯道ノ五十 裏四十八手2 浮島本手 うきしまほんて

さらに他の戯道について詳しく知りたい方はX(旧Twitter)
戯道館(ぎどうかん)~雄♂同士の四十八手教室~/戯道場

厳選ゲイビデオ紹介リンク

「戯道場」で記事として紹介している厳選作品のリンクを貼っています。
※アフィリエイトとなっておりリンク先で購入して頂くとよもがニコニコしますw

戯道のすゝめ

戯道館で学んだことをさらに映像で視聴できるよう、戯術が実践された動画を紹介しています。(下の画像にリンクあり)
戯道場にある「戯道の動画集」(固定ページ)で各戯術が実践されている作品を確認して見ましょう。
見かけない戯術は「よも」が実践した動画をそのまま貼り付けています!
選定中の戯術もございますのでオススメが見つかるまでお待ちください!
「よも」について興味のある方はプロフィールをご覧ください!

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました