戯道ノ六 表四十八手6 洞入り本手 ほらいりほんて

正常位

洞(ほら)に入るって・・すごいダイレクトに言う体位ですね!

洞窟に入るってドキドキしますw

由来のように洞入りの文句を堪能してみましょう!

体位について

洞入り本手(ほらいりほんて)を解説した画像をご覧ください。

タチとウケのポイントについては詳しく解説をするので画像の<説明>は流し読みで十分です。

正面・右・左・後背面の4方向からの画像で体位を想像しながら読んでみましょう。

 

画像による解説

別名・・解説する体位の別の名称
体位種別・・基礎となる体位(正常位・後背位・騎乗位・測位・交差位・座位・伸長位・立位)
青色・・体位を行うのにポイントとなるタチの体勢
赤色・・体位を行うのにポイントとなるウケの体勢
難易度・・★:易しい ★★:体力を要する ★★★:双方に筋力や柔軟性が必要
画像は体位を固定して4方向から撮影したもの

 

由来・豆知識

由来は、曲芸の一つである「獅子の洞入洞返り」という文句になぞらえて親獅子と子獅子が戯れる気持ちから名付けられてます。※獅子は猪(イノシシ)のこと

洞入り本手(ほらいりほんて)」という言葉は、「洞入り(ほらいり)」という字と「本手」に分けることができます。

洞入り」は、洞窟などの洞(ほら)に入ることです。

由来で解説した曲芸では、長刀(なぎなた)の技の名称で、掛けられた者が「イノシシが穴に飛び込むみたいに無様にひっくり返る」という意味があるそうです。

無様にひっくり返るというのが「何もできない」という意味で、あぐらにして動けないように固定させてしまうことを意味していると思われます。

 

そして「本手」とは囲碁用語の一つであり、急所を突いた本筋の手で、一手の価値を失わない働きのある手のことです。

急所を突くという意味や、価値を失わないという変化に利用できる点からも囲碁の用語からきていると思われます。(相撲の用語に本手はありませんでした)

目次で紹介している戯術展開の多さからも本手(正常位)の使用は納得できますね。

わたしは囲碁よりも将棋派ですがそもそも囲碁(いご)や将棋(しょうぎ)ができるゲイはどのくらいいるのでしょうね?w

四十八手の1番として基本の体位である「本手」という名称がたくさん出てきますので用語の一つとして覚えておくと、正常位のカタチというのが分かります。

それではタチとウケのポイントを確認していきましょう。

 

タチのポイント

まずはウケを仰向けに寝かせて正常位の体勢になってもらいましょう。

ウケが足をあぐらをするように交差させたら、交差している部分を優しく手で支えてあげましょう。

このときウケのお腹が出ていたりすると腹部を圧迫するので無理におこなってはいけません。

タチはこのまま挿入しますがまだ奥まで入れてはいけません。

一度ここでウケの交差部分に体を軽く押し付けてみましょう。

ここでウケがきつそうでなければ奥深く挿入して体を前に倒してウケの交差した足に負荷をかけます。

このときウケが足で押し返すようなら無理している可能性があるので体位を中断してもよいでしょう。

他の方法としてはウケが足を交差させずに、足の裏をそのままタチの胸に押し当てておこなう方法もありますが、これもウケの腹部に負担があるのであまり長い時間はやらないでおきましょう。

あまりメリットはなさそうに見えますが、この体位は逆に初心者に向いているかもしれません。

普段タチをしない人からすると挿入すること自体に意識がいってしまい、ウケの心情を理解できないことがあります。

ウケに痛みやゆっくり入れてほしい時は足で押し返すことができるので、ウケが初心者でも主導権を渡すことができます。

SMが好きな人ならウケの足を縛っている感覚になり楽しめるでしょう。

 

ウケのポイント

ウケは仰向けになって正常位の状態になります。

足をあぐらをするように交差させます。交差させるところは自分の柔軟性によるでしょう。

交差する部分がかかと側に近いと柔軟性に厳しいので体位をオススメしません。

タチに挿入してもらうと足をほどくことが難しくなりますので、きつくなってきたときは足で軽く押し返したりして合図しましょう。

他の方法として足を交差させずにタチの胸に足裏を当てることもできます。

この方がより押し返したりキツくなれば横に足を広げて正常位に戻れるので、柔軟性に不安があれば足裏を当ててもよいでしょう。

お腹が出ていると足の交差ができても厳しいのでオススメしません。

SMが好きな人なら足を拘束される感覚になるので悪くはないかもしれません。

キスはほぼできませんのでキスしたくない相手がいればこの体位はいいかもしれませんね。

 

戯術展開

いきなり経験の少ない戯術を仕掛けるのは、ムードが大事なSEXにおいて無粋(ぶすい)ですよね。

やはり自然な流れのなかで抱きあい、包みあいたいところ・・

どちらかが初心者であれば体位の名称と簡単な説明をしてカタチになりましょう。

互いに上級者であれば基本体位から自然な流れを作るように察しながら戯(たわむ)れましょう。

体位種別は【正常位】であり、枕を使用しているため基本正常位系統の展開になる

洞入り本手 の前に流れをつくる体位

網代本手(あじろほんて)揚羽本手(あげはほんて)

洞入り本手 の後に変化させる体位

深山本手(みやまほんて)/俵抱き本手(たわらだきほんて)

 

動画撮影のポイント

AV制作や個人撮影している方も増えてきたので動画による撮影ポイントを解説しています。

写真であれば雰囲気も必要なので全体もありですが、動画で全体はさほど必要ありません。

 

頭側・前側

必須シーンです

この体位は頭側から撮ることでウケが足を交差させてるのがハッキリと分かりますね。

ウケの竿に拡大しても足をクロスさせているのが分かりやすいのと、交差させた足に映る竿が洞(ほら)の中から顔を出しているようにも見えますね。

洞入り本手をしているのが一番分かりやすい必須シーンといえるでしょう。

 

上側・背中側

オススメしません

上側から撮ってもウケの交差した足も見えないのと、交差した足が横から少し出る程度です。

特にエロさを醸し出すのが難しいと思われますので、上や背中も特に撮影の必要はないでしょう。

 

横側

撮っておきましょう

上記の画像のように横からの撮影ではあぐらをしていることが分かりにくいですが流れとしては必要です。

またあぐらをすることで竿も隠れてしまうため、あえて横からの撮影は厳しいですね。

キスも難しい体位なのでやはり撮影しても需要は少ないでしょう。

 

尻側・後側

オススメしません

やはり掘っているシーンは必須なので後ろも必要ではありますが上の画像のように洞入り本手をしてるというのが分かりにくいですね。

あえてバックシーンの必要性もそこまでないでしょう。

撮り方も正常位の撮影方法と変わりはありません。

 

射精シーン

必須シーンです

外出し(腹・顔)

タチが外に射精するときは、穴から抜いたあとにウケの交差している股に射精しましょう。

上の画像の様に頭側・横側だと洞穴から精液が飛ぶようなシーンになるためエロさが増します。

 

中出し・再挿入

中出しであればやはり尻側から撮影して竿のビクつきや、金玉の収縮を撮影します。

この体位でのフィニッシュは見たことがないので撮影としてはアリです。

しかし、この体位による中出しは一般的な正常位と変わらないため、腹に外出ししたシーンを前側から撮影したあとに、再挿入で分かりやすいように後ろ側からも撮影といった感じでしょう。

 

まとめ

性徒 と よも から体位についてのヒトコト、関連リンク集に厳選ゲイ動画、解説した体位が行われているオススメ動画を紹介します!

 

体位についてヒトコト

あぐらをしてヤるメリットはあまりなさそう。

だけど僕はヤったことないから機会があれば挑戦してみようかな。

足を固定することで安定はしますがウケの負担が大きい体位です。

あぐらをしてヤる人はあまりいないと思うので試しに体験してみてください。

日本・海外ともに洞入り本手(ほらいりほんて)のようなあぐらをして撮影しているところ見たことありません。

 

関連リンク

さらに他の戯道について詳しく知りたい方はX(旧Twitter)
戯道館(ぎどうかん)~雄♂同士の四十八手教室~/戯道場

厳選ゲイビデオ紹介リンク一覧

「戯道場」で記事として紹介している厳選作品のリンクを貼っています。
※アフィリエイトとなっておりリンク先で購入して頂くとよもがニコニコしますw

ゲイビデオメーカーの動画リンクの画像

戯道のすゝめ

戯道館で学んだことをさらに映像で視聴できるよう、戯術が実践された動画を紹介しています。
戯道場にある「戯道の動画集」(固定ページ)で各戯術が使用されている作品を確認して見ましょう。
見かけない戯術は「よも」が実践した動画をそのまま貼り付けています!
選定中の戯術もございますのでオススメが見つかるまでお待ちください!

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました