潜入レポート 少年・ショタ系の同人「ぼーいず☆パレード」を行進!

潜入レポート

BL(ボーイズラブ)な愛情表現にあこがれを持っている「よも」です。

同人誌などを販売している店舗やコミケという大行事はご存じかと思いますが、少数で行われているコミケのような同人誌即売会に参加したことはありますか?

自分はBL系同人イベントが初めてで今回一緒に参加しないかとお誘いを頂きました。

そして、ゲイイベントなのでブログでお伝えしなければ!という使命感も持ちましたw

「よも」について興味のある方はプロフィールをご覧ください!
BL系イベント(本などの物販)の様子について知りたい、絵師・参加者として即売会の雰囲気を知りたい、興味がある人が対象です!

 

ぼーいず☆パレードとは

誘われるまでイベントの存在を知らなかった私ですが、いわゆるコミケの縮小版?的なイメージでした。

せっかくのチャンスなのでこの機会にBL系イベントの世界を勉強をしちゃいましょう。

どんなイベント

BL(ボーイズラブ)の少年系・ショタに関する作品を物販しているイベントです。

BL(ボーイズラブ)といってもショタから筋肉質などフェチやジャンルは様々にあります。

今回のイベントは少年系やショタというジャンルで詳細は公式サイトから引用します。

ぼーいず☆パレードは少年・ショタ・青年・男の娘、まとめて「ぼーいず」系作品オンリーの同人誌即売会です。
作品を発表する場としてサークル参加される方が安心して作品を頒布できる空間を作るのはもちろんのこと、なんでもオンラインで買えてしまう昨今、イベント当日限定企画などの施策を通して、その日その場所に集まることに意味がある、参加者全員が楽しめるお祭りとしてのイベント作りを目指しています。
あなたもぜひ、楽しむ心と年齢確認書類、それにおサイフと戦利品を入れるカバンを持って、イベントにお越しください。(※18歳未満の方は入場できません)

ショタ・・幼く可愛らしい容姿の少年
ショタコン・・未成熟な少年に愛情・執着を抱く少年愛好家


ぼーいず☆パレード
公式HP

ぼーいず☆パレード

ぼいパレオンライン公式のX @BoysP_official

今回のイベントは5回目の開催なので「5」が表記されています。

会場は10:00に「サークルの入場受付」が開始され、一般参加者(客)の入場は12:00から16:00までです。
会場に関する情報や注意などはHPや当日の冊子に記述されています。
ちなみにイベントは略して「ぼいパレ」というそうです。

会場の場所について

開催場所は「大田区産業プラザPiO 小展示ホール」で京急蒲田駅の東口から徒歩約3分のところにあります。(公式HP

住所:東京都大田区南蒲田1丁目20-20  TEL:03-3733-6600

HPを見るとかなり大きな施設でホールもあるみたい。

施設内容や定休日など、利用するときは事前にチェックが必要です!

 

感想

昔はジャンプフェスタなどに参加していたので物販イベントにたいして不安や抵抗はなく、ある程度の行列などは覚悟していました。

今回BLイベントとしては初めての参加でしたが、ほどよい人混みで久しぶりの物販イベントということもあり、大変いい経験ができました!

もしあなたがBLの大ファンで絵師にも会いたいという気持ちがあるなら、より最高のイベントになると思います。

皆さん忙しくてお話をするのは難しそうですが、もし深いお話ができるなら色々と聞いてみたいですね。

全体的に値段も高価ではないので買いやすく、フレンドリー感あるイベント会場だったので、もし次回ひとりで参加になっても行けそうな感じです。(一般参加者は個人の参加が多かった)

今回は少年系・ショタというのがメインでしたが、自分は変態な筋肉質系の作品が気になります(笑)

抽選会もありましたが、よもは当たったのか気になる方は記事を読んでみてね♪

 

「ぼーいず☆パレード」の場所はどこ?

BLについてはDiGiketなどで情報を見ている程度でした。

ネットサーフィンはしているけどイベント情報に疎い自分を誘ってくれたおかげでイベントに参加することができました。

京急蒲田駅

とある駅(自宅)から横浜まで行き、乗り換えること約1時間30分・・

2023年11月12日(日)の11時30分に京急蒲田駅に降り立ちました。

電車で1時間30分ほどかけて初めて舞い降りた京急蒲田駅

周りを見渡すと・・あれ、都会のような場所ではない感じでカフェもそんなになさそう。

人混みもあるような街ではないですね。

インドア派の自分がもちろんコ↓コ↑(野獣先輩)に訪れたのは、とある人物が声をかけてくれたおかげです。

待ち合わせ場所は京急蒲田駅で11:30に改札口前で落ち合う約束です。

駅構内はキレイで大きな街の模型があり、通りすがりに見物している人もいました。

発展した街という感じではないですが、開発しようと思えばすぐ対応できそうな街並みですね。

ホームから改札に移動してちょうど11:30に改札に着くことができました。(時間ピッタリ派)

 

とある人物と合流

11時30分に待ち合わせしたのはそーすけ君(@sosuke1202oor

そーすけ君からお誘いいただいて今回のイベントに参加しました。

彼はブログ内で「釣師海岸」「なまら」で交流があるのをご存じの方もいるはず。(前回が気になる人は「釣師海岸」「なまら」をご覧ください)

彼とはもう4回会っておりイベント系のそーすけ君率高いですねw

待ち合わせ時間を11:30にした理由は一般参加者の入場開始が12:00だったからです。

お久しぶり!

今回気になっているサークルがあったから、ぜひ声をかけてみようと思って!

もしダメでも1人で参加する気マンマンだったよ。

最近は冷え込んでいるので帽子と厚着をして来たそーすけ君。

本人いわくオタク感を醸しだすイメージの服装のようですが、普通にカジュアルでこれからBLを楽しみに行くような感じではないですねw

12時から一般入場が開始ですが、「人気過ぎて入れない!」なんてイヤなので二人は早速目的地に向かいます。

改札からまっすぐ通路を抜けるように東口へ進むと・・

目の前に会場場所である「Pio」という看板を発見! 迷わず目的地にたどり着けそうで安堵しました。

会場へとつながる歩道橋を進んで大きな建物を目指します。

 

会場に到着!

歩道橋を下りてすぐ目の前(左手)に大きな建物がありました。

下の画像のように大きな建物で右側にあるのが入口になります。近代的で画像だと分かりにくいですね。

建物の入口を進むとすぐ近くの入口でも他のイベントが!

どうやら「ラブライブ」のイベントのようでグッズが販売しており、かなりの人数がいました。

ラブライブの物販会場は女性もいるけどやはり男性が圧倒的に多いですね。

これから参加する「ぼーいず☆パレード」はジャンルがBLでショタというフェチから、おそらく女性が多そう

自分たちのような男性は少なそうだから浮いちゃうかもね・・

コミケなどのBL販売イベントにも参加したことない初めての二人にとって予想が難しいですね。

そして三階へと階段をのぼって行くとフロアがあり、受付の横にあるフロアには多くの人が立っていたり腰かけていたりと話もせずに待機してました。

というか男しかいない!?

女性は・・・全然いないじゃん!

BLって女性に人気があったんじゃないの?

少年系のBLだから女性が多くいるものと思っていましたが、予想とは逆で女性を見かけないのは驚きでした。(後からも参加しているので数人は女性も参加してました)

 

ぼーいず☆パレードに潜入

フロアに待機している様子には驚きましたが受付を済まさなくては・・

受付には男女二人のスタッフがいたので声をかけました。

会場内やパンフレット、冊子などの中身は撮影禁止です!
撮影した冊子などの画像については公式HPや各サークル様のサイトで公開されている情報を掲載しており、中身などは写しておりません。
掲示方法に指摘があった場合は画像等を削除しますのでご了承ください。

受付

受付では何をするのか分からない自分・・コミケは入場の代わりに3000円くらいのカタログを購入するとかなんとか。

特にHPに費用も載っていないので掛からないイベント?なのかな・・(見逃し?)

スタッフからまず身分証の提示を求められます。

そのあとに入場券、テープと引き換えに1000円の支払いが必要でした。

コミケもそうだけど入場料として暗黙の了解的な感じ?

それとも俺が見逃してただけかな?

呑みでいう「お通し」みたいなものですね。

ちなみに整理番号をみると自分は「53」となっており、既にフロアには50人以上は居ることになりますね。

入場用のテープはスタッフが確認しやすいように手首につけます。

さらにパンフレットを渡されてフロアで待機するように伝えられました。

パンフレットは20ページくらいで注意事項やサークルの紹介が載っています。(下の画像)

正直、わたしはあまり少年系に興味がなく筋肉質系が好きですが、この表紙はカワイイと思います!

入場15分くらい前になってからスタッフがフロアに声をかけて参加者を整理番号順に呼び整列させます。

そして整列して番号順に並ばせて待機するように指示されます。(軍隊ではない)

12:00になり順番に入場を促されるのですが、約50人なので待つことなくスーッと普通にそのまま入場できちゃいましたw

フロアはもうみんな散らばっていたので自由入場で問題はなさそうな感じも・・

並んでいたときに二人で気になるサークルなどについて相談して目星はつけていたので早速GO!(物販イベントは判断と移動スピードが勝敗を決めます!)

細かい情報は公式HPの「第5回サークルリスト」をご覧ください。

 

会場の様子

さて、物販系のイベントは20代のときに行ったジャンプフェスタ以降ですかね。

そーすけ君が気になっているサークルへ行ってみると、既に何人か並んでますね!

自分は何が販売されているのか、どんなサークルなのかも分かってませんw

どうやら野球部のBL本でイベント価格として1000円で販売していました。(本来は1500円)

サークル名:さとしの頑張り屋さん  絵師:丸福さとし(まるふくさとし)
タイトル:野球部マネージャー勇仁1  X⇒ @marufuku3rd  pixiv⇒ ホーム

なんとなくネットでみかけたことがあり、「あっ、この絵は見たことある!この人が絵師さんか~」と改めてイベントに来たことを実感!

内容は・・・もちろんご自身で購入するか公開している画像を拝見してみてね!

会場にはいろんなサークルがあって賑わっており、他のサークルの作品も気になるので歩き回ってみることにしました。

上記にあるポストカードなどが缶バッジなどが配布されており自由にもらうことができました

自由に取っても大丈夫ですが、あまりもらいすぎても申し訳なく思ってしまうので、取り過ぎないようにしました。(充分取ってる!?)

一般参加者のなかにあまり女性を見かけませんが、サークルの絵師さんの約半数は女性のような気がします。

いろいろ配ってたり、いろんな絵が見れて楽しいイベントだね!

さっきから買うの迷ってたんだけど・・あのケモ系のグッズが気になるから買ってみようかな。(ちゃんと買ってた)

他にも上記のようなA4のポスターなどいろいろ配布していたので、お土産の戦利品が多く初心者の私でも十分満足しましたw(いろいろな絵師が描いた無料サンプル冊子などもありました)

委託販売スペースではタペストリーの予約や作品集などの販売をしており見本があるのでパラパラと拝見しました。

いろいろと欲しくなるけど、自分が手を出せそうなのはクリアファイルくらいでしょうか。

20代のときの記憶が甦りますね~。いまだに捨てられずとっておいてます。

いつかはプレミアがついてくれることを願って保存してますが、結局飾る場所もないし・・

それに36歳の部屋の壁がアニメグッズで埋もれてたら一般ゲイは家に来なくなっちゃう(´;ω;`)

自分はもちろん理解があるので卑下(ひげ)したりしないですよ!

ということで戦利品が欲しい気持ちを押さえて、下の2つのクリアファイルを選びました。

ショタ系が好きなわけじゃないけどカワイイ作品だからついつい買っちゃいますねw

絵師は画像の左がエイチさん(@uchikubiw、右が司馬ゆうじさん(@shibayuji003の作品ですね。

今回のイベントには二人はいなかったのが残念です。

他にも、いろんな人が声をかけていたブースがあり、そのブースではモニターにFF(ファイナルファンタジー)っぽいゲーム画面が流れているので気になりました。

絵師の方は他の方とお話をしていたので、横にいるスタッフの方に説明してもらいました。

サークル名:にじたま  絵師:大地巧太
タイトル:魂これ(たまこれ)  公式HP⇒ にじたま  YouTube⇒ 魂これ公式

内容はバトル系でもあり、イラストがいろいろあったりと・・ポチャ系が好きな絵師さんで、上の画像をみてもたしかにポチャ系キャラが多いですね!

主題歌つきのPV(YouTube配信済)を見ましたが、一人でキャラデザインに編集までやっているとか凄すぎて・・

そして、他を何周も回って一通り見たので、13:00にもなったことだし一旦お昼をはさむことにしました。

イベントの続きは「抽選会」があり15:30から抽選開始なのでそれまで蒲田駅周辺を散策します。(散策の様子は最後のおまけで)

 

抽選会

散策後は、抽選するために必要なアンケートの記入もあるので15:00には会場に戻りました。

抽選会のプレゼントは・・絵師がその場で描いた色紙です!

この色紙はなんと会場の端に設置された「色紙・お絵描きスペース」というところで、コピックが用意されており絵師さんたちがリアルにその場で描いていたものです!

はじめ見たときは記念として自由な落書きコーナー程度にしか思ってなくて絵師さんたちが本格的にその場で描いているとは思ってませんでした。(恥)

絵師さんとは知らないので、お客さんとか一般人なのに画力高くてすごいなーなんてw

まさか絵師が描いた色紙がプレゼントの景品になるとはビックリです!

そして抽選が始まる前に色紙がボードに飾られ、写真は撮ってもいいけど「公開してはならない」という条件で色紙の撮影会がありました。

残念ながらモザイクをかけておりますが計40枚のその場で描いたとは思えない素晴らしい作品ばかりです。(色紙のサイズはバラバラでした)

撮影会も終わり、スタッフが色紙を回収し始めて、いよいよ抽選会が始まりました!

一番最初の色紙からメイン級でみんなの目が光ってますね!もちろん、そーすけ君も「欲しい!」と祈ってました。

そして、記念すべき最初に当たったのは・・・会場のスタッフ!!!

どうやら会場のスタッフも抽選会の参加者として混ざっているみたい・・メイン級だったこともあり会場の雰囲気が少しどんよりw(もちろんスタッフは功労者ですから参加資格あります!)

そして次に当たったのは・・・これまたスタッフ!!!

そりゃー会場が少しざわつきますね(笑) 偶然として全然ありえるので面白いですが。

流石にスタッフたちもマズイと思ったのか苦笑い・・だけど不正をしているわけでも操作できるわけでもないので大変なところ。

そしてやっと3回目に当たったのは・・・またスタッフかい!!!

3連続でスタッフに当たるとは・・会場内は一般参加者側、そしてスタッフ側にもヤバい雰囲気が流れ始めてましたw

そして4回目は・・やっと一般参加者に当たりました!

一番当たって安堵したのはスタッフ側でしょうね!(笑)

くじなので運任せとはいえ、抽選会まで待たせて当たりが少ないとなれば抽選会に不満をもつ人もいるでしょうから。

スタッフ側も急遽当たった人にくじを引いてもらう方式に変更して、流れも一般参加者がゲットする確率が増えてきました。

そして、なんとそーすけ君の番号が呼ばれました!

狙っていた人のではなかったそうですが、大きくてキレイな線画の絵でした。(今でもちゃんと部屋に飾っているそうです)

しばらくして、大きい色紙のカラーで描かれたキャラクターの絵が景品となりました。

そして、まさかの自分の番号が呼ばれて驚きました!

これは!前日に酉の市で買った熊手の効果がさっそく現れたのでは!

まさかこの色紙が当たるなんて!!

感激も束の間、次の人のくじをひいて、色紙に転売防止のための名前を書きにいきました。

サイン色紙を描いてくださったメゴ様に掲載の許可を頂いております
わたしのXにも色紙をポストしてます。

二人とも抽選会の前半で当たるとは・・色紙のメゴさんコメントに「ダイ大みて下さい!」と書いてあるのでアニメを観なくてはいけませんね!(ダイ大⇒ダイの大冒険)

すでに片づけをしていたところで申し訳なかったのですが、サークルは気になっていたので作品を拝見して1冊(400円)を購入しました。

あわあわふろンティア」と迷ったけど素朴な感じの表紙のこちらの作品にしました。

サークル名:シナシナヌマエビ  絵師:メゴ
タイトル:ふたりのライデンマ(2022/5/6) X⇒ @simettainu  HP⇒ シナシナヌマエビ

そして、メゴさんの隣ブースで同じく「ダイの大冒険」を扱った作品があり、仲が良さそうなグループでした。

隣ブースのヨネダさんの本は表紙がキラキラ(ラメ)していたので印象深いのはありましたが、やはり初心者の自分は近寄るのも一苦労するものです。

近くに寄れたのでこちらにもオジャマをさせていただき、気になったキラキラした表紙の作品を1冊(400円)購入しました。

サークル名:砂とか青い野山  絵師:ヨネダ
タイトル:ラブホテルにいこう!  X⇒ @ynd_sdr  pixiv⇒ ホーム

約4時間ほどの滞在時間でしたが、初心者の私にしてはいろいろなサークル様の戦利品をゲットできたので記事にもなるし大満足でした!

 

まとめ

いろいろなサークルを見学したり、抽選の色紙も当たって満足した「よも」ですが、上記のことも踏まえた感想などを印象としてまとめます。

印象

一般的にはBL系物販のイベントのイメージはコミケだと思いますが、慣れてない人はまず小規模で楽しんでみるのもありですね。

費用も入場料の1000円+物販品2800円分の購入で計3800円と配布された戦利品の数を考慮してもリーズナブルに楽しむことができました。

みんな個人で来ているとはいえ、お話をするような休憩スペース等はないので交流を兼ねた参加は難しそうです。

なので純粋に目的のサークルで戦利品をゲットしにいくような淡白な気持ちの方が参加しやすいかも。

上記で紹介させていただいた作品をみると絵師さんたちの熱量はすごいですね!

絵師として食べていける人はほんの一握りと聞きますから趣味でここまでできるのは脱帽です。

絵師の世界は大変だと思いますが新規の絵師さんが増えてくれると嬉しいですね。(自分は元美術部だけど気力はないw)

わたしは「戯道」という男性同士の性交体位を教えてますから、同人のアイデアにしたい絵師さんがいれば、ぜひご相談ください!

今回は運よくサイン色紙が当たり、他では手に入らない代物ですからちゃんと額に色紙を入れて保存してます。(飾ってますよ!)

そーすけ君(@sosuke1202oorもイベントには満足した様子で次回も参加してみたいと思っているそうです!

もしこの記事に興味をもった方がいれば次回はショタ系も含め青年・筋肉系が2023年12月23日(土)に「Jケット3」が予定されているみたいですから参加してみてはいかがでしょうか!(クラブ活動の一環として仲間を募集するのもアリかな)

Jケット公式HP⇒Jケットプロジェクト

他にも2024年3月24日(日)に「Jケット5」がすでに予定されているみたいですが、まだ先なので情報もギリギリまでなさそうです。


次回のぼーいず☆パレード「6」は決まってなさそうです。

 

散策(おまけ)

13:00時が過ぎ、お腹もすいてきたので昼食を探しに京急蒲田駅に一度戻り、会場Pioとは反対側に行って商店街を歩くことにしました。

せっかくだからチェーン店ではなく個人経営の飲食店がいいと思い探していると・・

美味しそうな看板の中華屋を発見!

こういう個人店が結構おいしかったりするんだよね!

このセット美味しそうだから入ってみよう。

たしかにメニューは美味しそうだからこれに決めた!

お昼は過ぎているせいか誰もいなそうだね。

早く食べれてラッキーかも!!

店内は2階もあるようですが人は誰もいません

優しい雰囲気のご主人がでてきて注文を聞いて厨房で料理を作ってくれてます。

注文したセットメニューが運ばれさっそく二人とも味見!

自分はスローペースになって食べ、そーすけは早いペースで食べてます。

なんで画像を載せないのかって?コメントだけ載せておきます。

味が全然しない・・。早く食べ終わりたいからどんどん口の中にかき込んでたよ!

口直しにコーヒーとか飲みたい気分!

自分は薄味派で食材の味を楽しむのも好きだけど・・味が薄すぎて分からない。

中華料理だから濃すぎるのは分かるけど味のしない中華は初めてだった!

全然のどを通らない・・どうしよう・・

料理の画像は撮ってあるから美味しそうなんだけど・・・

冒険はやめてチェーン店の「ドトール」に行き、コーヒーで口直しをしました。

イベント帰りの散策は抽選会で色紙が二人とも当たったので早めに退散(16:00)し、お昼のおかげでお腹もあまり空いておらず、このあとどうするか迷っていました。

特にデパートなどの商業施設もなく、せっかく川崎近くにいるからと散策を兼ねて二人で川崎駅まで歩くことにしました。

そーすけ君も歩くのは好きみたいなので良かった良かった!(だいたいの人はいやがるからねw)

約4kmの道のりを徒歩で1時間もかからずに川崎駅に到着!

歩いてもお腹は空かないが甘いものは別腹なのでなにか口にしたいところ。

おめで鯛焼き本舗」という店をみつけ、たい焼きの中身が「お好み焼き」という商品を見つけたので購入しました。

美味しかったので画像を載せてもよかったけど、キレイな切り口にならなかったので断念。

時間にして昼から夕暮れまででしたが、初めての体験を多くすることができたので、そーすけ君には感謝ですね。

PioではよくBL物販イベントが開催されているようなので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか!!

長々とご清聴ありがとうございました。

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました